ガスクロマトグラフィーの市場規模、2020年の28億米ドルから2025年には35億米ドルに達し、CAGR4.1%で成長予測

ガスクロマトグラフィー(GC)の市場規模は、2020年の28億米ドルから2025年には35億米ドルに達し、CAGRは4.1%で成長すると予測されています。これは、GC-MSの採用拡大、原油・シェールオイル生産の増加、廃水処理の注目度の増加、食品安全性への懸念の高まり、医薬品承認プロセスでのクロマトグラフィー検査の使用などが原動力となっています。しかし、GC装置の高コスト、一部の国の地政学的な問題、熟練した専門家の不足が市場の成長を抑制すると予想されます。

GC装置の採用が増加

複雑な化合物の分析能力の向上などにより、GC装置市場のシステム分野が最も高い成長率を占めると予想されます。

カラム部門は最も高い成長率

付属品と消耗品に基づいて、GC市場は、カラム、カラム付属品、オートサンプラー付属品、フローマネジメント付属品、消耗品・付属品、フィッティング・チューブ、圧力調整器、ガス発生器、その他の付属品に分類されます。同市場では、カラム部門が最大のシェアを占めると推定されています。これは、主に石油産業向けのカラムの改良などによると考えられます。

エンドユーザー市場では、石油・ガス部門は増加する

石油・ガス産業は、GCのエンドユーザー市場においてCAGR4.1%で成長しています。この成長は、主に原油・シェールオイルの生産量の増加と石油産業向けガスクロマトグラフィーカラムの改良によるものです。

北米市場は、最も高い成長率を達成すると予測

市場では、北米が最大シェアを占めると予想されています。この地域の市場成長は、主に研究開発資金の増加、大麻研究、シェールオイル・ガス市場、食品・農業産業などが牽引しています。一方、アジア太平洋地域は、最も高い成長率を示すと予測されています。これは、日本でのジェネリック医薬品の広範な販売や、インドや中国での製薬・バイオテクノロジー部門の成長などに起因していると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]