配電自動化の市場規模、2020年の124億米ドルから2025年の177億米ドルに達し、CAGR7.4%で成長予測

配電自動化の市場規模は、2020年の124億米ドルから2025年までに177億米ドルに達し、CAGR7.4%で成長すると予測されています。グリッドの信頼性と運用効率の向上、老朽化したグリッドインフラをアップグレードするための投資が、この市場の主な成長要因となっています。

コンポーネント別では、フィールドデバイスが最大シェア

コンポーネントに基づいて、市場はフィールドデバイス、ソフトウェア、サービスに分割されています。フィールドデバイス部門は、2019年の配電自動化市場で最大のシェアを占めました。フィールドデバイスは、停電の管理、電圧と無効電力の管理、資産の健全性の管理、および分散型エネルギーリ資源の統合に関して、グリッドオペレーターを支援します。

ワイヤレス部門は、有線部門よりも高いCAGRを記録

通信技術に基づいて、市場は有線と無線に分類されています。2020年から2025年までは、無線分野の方が有線分野よりも高い成長率を示すと予測されています。ワイヤレス通信技術は、メンテナンスコストを削減し、遠隔地からデータに簡単にアクセスできることから、需要を後押しすると予想されています。無線分野には、無線周波数メッシュ、セルラー、WiMAXがあり、その中でも無線周波数メッシュは、高帯域幅、最小遅延、エンドツーエンドのセキュリティ機能により、最大の市場シェアを誇っています。

用途別では、公共事業が市場をリード

市場は、ユーティリティーに基づいて、公共部門と民間部門に分類されおり、公共部門が、市場をリードすると推定されています。この成長は、多くの地域で公営の電力会社の数が増加していることに起因しています。

アジア太平洋地域が最大市場

地域別に、北米、南米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカの5つの地域に分類されています。アジア太平洋地域は、最大市場となると推定されています。この地域では、スマートグリッドプロジェクトへの高額な投資により、流通自動化への高い需要が見込まれています。また、アジア太平洋地域は、拡大するエネルギーニーズに対応するため、クリーンエネルギーに向けて動き出しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]