核酸分離・精製の市場規模、2020年の32億米ドルから2025年の48億米ドルに達し、CAGR8.9%で成長予測

核酸分離・精製の市場規模は、2020年の32億米ドルから2025年までに48億米ドルに達し、CAGR8.9%で成長すると予測されています。この市場の成長の主な要因は、研究開発活動の増加に加え、技術の進歩と自動化にあると考えられます。しかし、自動化された機器の高コストが市場の成長を阻害すると予想されます。

製品別ではキット部門が最大のシェアを占める

製品別に見ると、キット、試薬、器具に分類されます。2019年は、キット部門が市場で最大のシェアを占めています。この市場の成長は、遺伝子シークエンス、分子診断、遺伝子クローニングなどの用途でキットが低コストで手軽に利用できることに起因します。一方、器具部門は最も高いCAGRを記録すると予想されています。

方法別では、カラムベース部門が最大

方法別に、カラムベース単離・精製、磁気ビーズベース単離・精製、試薬ベース単離・精製、その他の単離・精製方法に分類されています。2019年の市場では、カラムベースの単離・精製分野が最大のシェアを占めました。この方法は、有機抽出よりも費用対効果が高く、シンプルかつ高速で自動化も可能です。

エンドユーザー別では、病院・診断センターが最も高い成長を遂げる

エンドユーザー別に見ると、病院・診断センター、学術・政府研究機関、製薬・バイオテクノロジー企業、受託研究機関、その他のエンドユーザーに分類されています。2019年の市場では、病院・診断センター部門が最大のシェアを占めています。これは、研究活動の活発化と分子診断における核酸検査の利用が増加していることに起因していると考えられます。

地域別市場は北米が独占

2019年は、北米市場が最大のシェアを占めました。バイオテクノロジー企業や製薬企業における多額の研究開発費、技術の進歩、政府の支援などの要因が、北米の核酸分離・精製市場の成長を牽引しています。一方、アジア太平洋地域は最も高いCAGRで成長すると予想されています。ゲノムプロジェクトの増加と製薬・バイオテクノロジー企業による研究開発投資の増加は、アジア太平洋地域の核酸分離・精製市場の成長を支える主要な要因の一つです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]