創傷被覆材の市場規模、2020年の70億米ドルから2025年には112億米ドルに達し、CAGR9.7%で成長すると予測

創傷被覆材の市場規模は、2020年の70億米ドルから2025年までに112億米ドルに達し、CAGR9.7%で成長すると予測されています。交通事故の増加、慢性的、外科的、外傷性の創傷の発生率の増加、高齢出産の帝王切開率の高さ、火傷の発生率の上昇、創傷被覆材の技術進歩が主な要因となっています。

タイプ別では、先進的な創傷被覆材分野が最大シェア

タイプ別では、従来型の創傷被覆材と先進型の創傷被覆材に分けられます。先進的創傷被覆材部門はさらに、フォーム、ハイドロコロイド、ハイドロファイバー、フィルム、アルギン酸塩、コラーゲン、ハイドロゲル、創傷接触層、高吸収剤、その他の先進的な被覆材(蜂蜜、木炭、NPWT(陰圧閉鎖療法)、ゲル化繊維被覆材など)に分類されます。2019年の市場では、先進的な創傷被覆材部門が最大のシェアを占めました。これは、糖尿病性潰瘍、静脈性潰瘍、圧迫性潰瘍の発生率が増加していることに起因すると考えられます。

外科的・外傷性創傷部門が最大のシェアを占める

創傷は、種類別に外科的・外傷性創傷、糖尿病性足潰瘍、圧迫性潰瘍、静脈性下腿潰瘍、火傷などに分類されています。この中では、外科的・外傷性創傷が最大のシェアを占めています。この部門のシェアは、慢性疾患の有病率の増加と外科手術の実施件数の増加に起因していると考えられます。

最大のエンドユーザーは病院、ASC、診療所

エンドユーザー別では、病院、ASC(通院外科診療所)、クリニック、在宅医療の現場、その他のエンドユーザーに分類されています。2019年には、病院、ASC、クリニックのセグメントが最大のシェアを占めました。これは、創傷ケアサービスへのニーズの高まりと、複雑な創傷を治療するためのより優れた創傷管理製品へのニーズに起因すると考えられます。

北米が市場を独占

北米が創傷被覆材の最大のシェアを占めており、この傾向は予測期間中も続くと予想されています。老人人口の増加、慢性創傷の発生率の増加、医療費の増加、大手市場プレーヤーの存在などが、同市場において北米シェアが最大となる要因となっています。

【 当レポートの詳細目次 】

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]