コールドチェーンモニタリングの市場規模、2020年の46億米ドルから2025年には82億米ドルに達し、CAGR12.5%で成長すると予測

コールドチェーンモニタリングの市場規模は、2020年の46億米ドルから2025年には82億米ドルに達し、CAGR12.5%で成長すると予測されています。温度に敏感な医薬品への需要、食品の品質向上、食品廃棄の削減、ジェネリック医薬品への需要、欧米で急成長している医薬品のサプライチェーンへの政府の取り組みなどが、市場の成長を牽引する主な要因となっています。

ソフトウェア市場の高い成長が予想

ソフトウェア市場は、より高いCAGRで成長すると予想されます。最近では、レポーティング、データ分析、追跡ソフトウェアなどのソリューションの需要が大幅に増加しています。コールドチェーンモニタリングのソフトウェアは、コールドチェーンの行程をリアルタイムで途切れることなく追跡し、食品医薬品局(FDA)や世界保健機関(WHO)などの規制当局が設定したガイドラインを確実に遵守するよう監視します。

食品・飲料用途は、最高のCAGRで成長する

食品・飲料用途の市場は、最高のCAGRで成長すると予想されています。高品質な食品に対する世界規模での需要が主な牽引要因となっています。また、多くの地域で急速な都市化が進む中、ファストフードチェーンの数が増加しており、食品の材料と品質のタイムリーな提供が最重要視されています。さらに、食品の品質、安全性、栄養価の重要性に対する意識の高まりが、食品・飲料用途の市場の成長を牽引しています。

APACは最速で成長見込み

APACは、コールドチェーンモニタリングの市場として急成長すると予想されています。高品質な食品に対する需要の高まりと、多くの国民を対象にした、新興国の政府のヘルスケアの取り組みによって牽引されています。さらに、物流インフラの整備に向けた政府の資金援助、倉庫管理システムの普及なども要因となり、市場の成長を後押ししています。しかし、COVID-19パンデミックによるAPAC全域での貿易・産業活動の減少は、市場に影響を与える可能性が高いと予測されます。これは、中国、韓国、インドの製造活動の停止が主たる原因と考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]