地理空間画像解析の市場規模、2020年の69億米ドルから2025年には279億米ドルへ、CAGR32.1%で急成長予測

世界の地理空間画像解析の市場規模は、2020年の69億米ドルから2025年には279億米ドルに達し、CAGR32.1%で成長すると予測されています。主な成長要因としては、天然資源、インフラ、公益事業の管理、政府機関や企業の情報システム開発の必要性などが挙げられます。位置情報を利用した建設計画や設計プロセスを改善する必要性が市場の成長を牽引すると予想されています。

画像解析部門が市場規模を拡大

タイプ別では、画像解析と動画解析があります。衛星技術のさまざまな技術進歩により、高解像度画像のキャプチャが容易になり、画像解析の利用につながり、市場のシェア増加につながると予想されています。将来のリスクを判断し、状況に応じて対処するために、政府機関や企業は、効果的な地理空間画像解析を採用するケースが増えています。

地理情報システム部門が最大の市場規模を占める

地理情報システム(GIS)とは、緯度・経度、住所、郵便番号などの情報を使用する位置情報により、地理空間データを解析することができるマッピングツールです。GIS部門の成長は、自然災害、人為災害、気候変動時の環境管理などを支援する必要性に起因しています。また、データから地理的パターンを見つけ出し、地図上で可視化することで、将来のリスクや緊急時の計画を分析することもできます。

アジア太平洋地域は最高のCAGRで成長する

世界の地理空間画像解析市場は、北米、欧州、アジア太平洋(APAC)、中東・アフリカ(MEA)、中南米の5つの主要な地域をカバーしています。北米は、モノのインターネット(IoT)、機械学習(ML)、ビッグデータ、人工知能(AI)の利用が進み、地理空間技術との統合によるコミュニケーションの改善が進んでいることから、最大の市場規模を維持すると予想されています。地理空間技術に対するスタートアップ企業の増加と政府の投資の増加は、APACにおける地理空間画像解析の需要を押し上げると予想されています。技術的進歩の増加とコネクテッドデバイスの採用の増加も、この地域における地理空間技術の採用を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]