光インターコネクトの市場規模、2020年の90億米ドルから2025年には171億米ドルに達し、CAGR13.7%で成長すると予測

光インターコネクトの市場規模は、2020年の90億米ドルから2025年には171億米ドルに達し、CAGR13.7%で成長すると予測されています。この市場の成長を後押しする主な要因には、データセンターの展開の増加、クラウドコンピューティング、ビッグデータ分析、IoTの採用の急増などがあります。

マルチモードファイバー部門は、高いCAGRで成長

マルチモードファイバー部門は、2020年から2025年まで、シングルモードファイバー部門よりも高いCAGRで成長すると予測されています。この部門の成長は、クラウドコンピューティングアプリケーション向けの帯域幅の拡大に起因していると考えられます。データセンターや高性能コンピューティングアプリケーションにおける短距離データ伝送にも使用されます。さらに、クラウドコンピューティングでは、インフラコストの削減や接続性の向上など、多くのメリットを提供しており、世界的に導入が高まっています。クラウドコンピューティングの利用拡大に伴い、データセンターでは高効率な処理が求められています。

データレート別では、41Gbpsから100Gbpsが、最高のCAGRで成長

41Gbps~100Gbpsのデータレート部門は、最高のCAGRで成長すると予測されています。この成長は、高データ伝送速度の100G、200G、400Gトランシーバーに対する需要の高まりに起因していると考えられます。AIや5Gなどの先端技術の出現により、データセンターに必要な高帯域幅の要求が高まっています。このように、アマゾン、フェイスブック、グーグル、マイクロソフトなどの主要なクラウドサービスプロバイダーでは、光インターコネクトが非常に優勢になっており、市場の成長につながっています。

距離別では、1km未満が最も高いCAGRで成長

2019年には、1km未満の距離部門が光インターコネクト市場で最大のシェアを占めました。1km未満の部門の成長は、大規模データセンターがデータ通信用の光インターコネクトを含む高データレートコンポーネントの採用に向けて移行していることに起因しています。データセンターは短距離で膨大な情報パケットを伝送するため、高いデータ伝送速度が求められます。また、データセンターでの高速通信の需要が高まっていることも、1km未満での100Gや400Gなどの高データレートの需要を牽引しています。

2019年は北米が最大の市場シェア

2019年の光インターコネクト市場では、北米が最大のシェアを占めました。北米市場の成長は、米国にマイクロソフト、グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップルなどのデータセンター大手企業が存在することに起因します。これらの企業は、多数のハイパースケールデータセンターを設置しており、北米の光相互接続市場の成長に大きく貢献しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]