マイクロLEDの市場規模、2020年の4億900万米ドルから2026年には188億3500万米ドルに達し、CAGR89.3%で成長予測

マイクロLEDの市場規模は、2020年の4億900万米ドルから2026年には188億3500万米ドル達し、CAGR89.3%で成長すると予測されています。この成長は、優れたディスプレイソリューションに対する需要の増加に牽引されています。

マイクロLEDは、従来の液晶ディスプレイやLED照明の市場を混乱させる可能性のある、新しいディスプレイ・照明技術です。ディスプレイパネルは、テレビ、ノートパソコン、スマートフォン、スマートウォッチなど、さまざまなデバイスに使用されていますが、現在、これらのデバイスのほとんどは、有機発光ダイオード(OLED)やLEDバックライトLCDなどの技術に基づいています。ディスプレイ市場は、画質、ディスプレイサイズ、消費電力機能の面で発展を遂げてきました。LED照明市場もまた、魅力的で低消費電力の製品の導入により、過去に大きな成長を遂げてきました。

マイクロLED技術は、高輝度で低消費電力のディスプレイパネルを実現するために開発されています。市場は、マイクロLEDディスプレイとマイクロLED照明に大別されます。マイクロLEDディスプレイパネルは、マイクロLED照明パネルよりも大きなシェアを占めると予想されています。

NTEデバイス向けマイクロディスプレイの需要拡大

スマートウォッチ、スマートフォン、テレビ、AR・VRデバイスなど、より明るく、より電力効率の高いディスプレイパネルへの需要は、マイクロLEDディスプレイ技術の開発とその後の商業化を大きく牽引するものと予想されます。Apple、Samsung、Sonyなどの技術大国の強い関心により、マイクロLEDディスプレイ技術の商業化は加速するでしょう。サムスンとソニーは、サイネージやテレビ用途の大型パネル分野に注力しており、アップルは2021年までにスマートウォッチ用途の技術を商業化する可能性が高いとみられています。

また、強力なサプライチェーンを確立するためのサプライヤーによる継続的な研究も、市場の成長を後押ししています。現時点では、確立されたサプライチェーンの欠如と分散した特許ポートフォリオが市場成長の主な阻害要因となっています。ディスプレイデバイスへのOLED技術の急速な採用は、マイクロLED技術の商業化と成長をさらに妨げる可能性があります。

スマートフォン用途のマイクロLEDディスプレイは2021年までに商用化予測

2026年までにマイクロLEDディスプレイ市場で最大のシェアを占めると予想されるのは、スマートフォンやタブレット端末向け用途です。この市場は2021年に商用化されると予想されています。スマートフォンとタブレットは高容量アプリケーションであり、マイクロLEDディスプレイ技術が実用化されれば、それに対応する市場シェアが上昇し、市場全体を支配することになります。

家庭用電化製品分野が最大シェアを占める

2026年までに市場で最大シェアを占めると予想されるのは、家庭用電化製品業界です。また、この分野のマイクロLEDディスプレイ市場は、最高のCAGRで成長すると予想されています。大きな市場シェアと高い成長率は、スマートフォン、テレビ、スマートウォッチ、テレビ、ラップトップ、NTEデバイスなど、様々な家庭用電化製品での採用が予想されていることに起因しています。

APACのマイクロLED市場は、最高のCAGRを記録すると予想

APACは世界のマイクロLED市場を支配すると予想されています。この地域の市場は、主要なLEDファウンドリー、ディスプレイパネルメーカー、顧客の存在により、最も高いCAGRを記録すると予想されています。マイクロLEDの最近の技術進歩により、Samsung、LG Display、AU Optronics、BOE TechnologyなどのAPACベースの大手ディスプレイパネルメーカーの関心が高まっています。また、マイクロLED技術に関する研究開発活動にも力を入れています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]