半自律型・自律型バスの市場規模、2030年には27億7300万米ドルへ、CAGRも23.2%で成長すると予測

半自律型バスの市場規模は、2020年の2万3613台から2025年には7万1682台に達し、CAGRは24.9%で成長すると予測されています。自律型バスの市場規模は、2024年の7億9100万米ドルから2030年には27億7300万米ドルに達し、CAGRは23.2%で成長すると予測されています。交通事故の増加、ドライバー不足、安全機能に関する政府の規制、効率的なバス運行の必要性、機能が豊富な最新型バスへの需要などの要因が、半自律型・自律型バスを牽引しています。

超音波部門が市場をリードする

超音波部門は、半自律型バス市場において、数量ベースで最大の市場シェアを占めると予測されています。超音波には短距離で視野(FoV)が小さい特性があります。この点で、多くの超音波センサーは、半自律バスや自律バスで使用されています。超音波センサーは一般的に近距離の物体検出に使用され、インテリジェントパークアシストなどの駐車ADAS機能に適用できます。超音波センサーのコストは他のセンサーに比べて安価です。現時点でLiDARのコストは高いので、一般的にレベル1、レベル2の半自律バスには設置されていません。

アジア太平洋地域は最速で成長

アジア太平洋地域は、中国や日本、韓国など自動車産業の先進国で構成されています。中国のバス会社「王龍」は、百度(バイドゥ)の自律型プラットフォームを搭載した自動運転シャトルを開発し、2018年6月に量産を開始しました。中国、日本、韓国はこのような技術を量産することができるため、自律型バス市場で大きなシェアを占めます。また、この地域は公共交通手段としてバスに大きく依存しています。この点でも、自律型テクノロジーの開発と採用は、アジア太平洋市場の急速な成長に役立ちます。

予測初期には北米が最大の市場になる

北米地域は、予測期間中、半自律型バス市場で最大のシェアを占めると予測されています。同地域には、New Flyer、Gillig、Novabus、Bluebird、Thomas Built Buses、ProterraなどのOEMメーカーが進出しており、先進的なバスを提供しています。この地域では、ADAS機能を標準またはオプションとして備えた最新のバスが大半を占めています。国内のOEMは、AEB、BSD、ACCなどの多くの半自動運転機能を提供しています。また、この地域には、自動運転技術をテストし、地域全体で試用している多くの企業の本拠地があります。例えば、ボストンを拠点とするOptimus Rideは、ニューヨークで自律走行シャトルのテストを行う予定です。試行結果をもとに、2020年半ばにはニューヨークで自律走行シャトルサービスが開始されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]