医療シミュレーションの市場規模、2025年には37億米ドルへ、CAGRも14.6%で成長すると予測

世界の医療シミュレーション市場規模は、2020年の19億米ドルから2025年には37億米ドルに達し、CAGRは14.6%で成長すると予測されています。市場の成長は、従来の学習に対するシミュレーション教育の利点、低侵襲治療の需要、患者の安全性への関心などに起因していると考えられます。

医療従事者の不足、新興国でのシミュレーション教育に対する意識の高まり、技術の進歩などが、関連企業にとって有益な機会を生み出すと予想されます。一方で、予算の制約、シミュレータの高額なコスト、運用上の課題などが、市場の成長を妨げる要因になると予想されています。

タイプ別ではWebベースのシミュレーションが急速に成長

医療シミュレーションは、製品とサービスに基づいて、医療シミュレーション解剖モデル、医療シミュレーションソフトウェア、Webベースのシミュレーション、およびシミュレーショントレーニングサービスに分割されます。Webベースのシミュレーションは、最大のCAGRで成長すると予測されています。この部門の高い成長は、インターネットサービスが広く利用可能であること、学習用に制御された環境、シミュレーションへのアクセスが制御されていることなどに起因します。

腹腔鏡医療シミュレーションが手術シミュレーション市場を支配する

インターベンション(カテーテルを血管に挿入して行う治療)・外科手術シミュレータでは、腹腔鏡手術シミュレータ、婦人科シミュレータ、循環器シミュレータ、整形外科シミュレータ、脊椎手術シミュレータなどに大別されます。腹腔鏡手術はこの市場で最大の分野です。これは、がんの発症率と、がんの臨床試験の増加に起因しています。腹腔鏡検査におけるシミュレーション技術の採用率の高さが、高いシェアの要因となっています。

最大のエンドユーザーは学術機関

エンドユーザー別に見ると、医療シミュレーション市場は、学術機関、軍事組織、病院、その他に分類されています。2019年の市場では、学術機関が最大のシェアを占め、病院、軍事組織が続いています。病院部門は、最高の成長が見込まれており、その成長の要因は、従来の学習からの変化、高度な技術の登場、医療手術におけるモデルの活用、エラーを最小限に抑えることへの関心の高まり、医師のための手術訓練にかかる費用対効果などが挙げられます。

アジア太平洋市場は最高の成長を遂げる

世界の医療シミュレーション市場は、北米、欧州、アジア太平洋、中南米、中東・アフリカの5つの地域に分類されています。アジア太平洋地域の市場は、最も高いCAGRで成長すると予測されており、その主な要因は、患者数の多さ、研究開発への投資の増加、医学教育、トレーニング、研究、患者の安全性などを重視する傾向の強まり、医療費の増加が挙げられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]