獣医用ワクチンの市場規模、2025年には113億米ドルへ、CAGR7.2%で成長すると予測

動物用ワクチン市場は、2020年の80億米ドルから2025年には113億米ドルに達し、CAGR7.2%で成長すると予測されています。コンパニオンアニマルを保有する人口の増加、人獣共通感染症の発生率の上昇、政府機関や動物協会の、動物の健康を維持するための様々な取り組み、動物由来の食品に対する需要の高まりがこの市場の成長を牽引しています。一方で、ワクチンの保管コストの高さが市場の成長を抑制しています。

豚用ワクチン市場、種類別で豚用サーコウイルスIIがトップシェア

豚ワクチン市場は、疾患別に豚繁殖・呼吸障害症候群(PRRS)、豚のサーコウイルスII、豚のパルボウイルス、豚のインフルエンザ、豚の肺炎、その他の豚の疾患に分類されています。2019年には、感染力の強さと有病率の上昇により、ブタのサーコウイルスIIが市場シェアを占有しました。

アジア太平洋地域の動物用ワクチン市場は、最高のCAGRで成長する

アジア太平洋地域では、動物用ワクチン市場は最速で成長すると予想されています。この市場の成長を牽引する主な要因には、ペットの飼育数の増加、主要ワクチンプレイヤーの拡大、製品の可用性の向上、インド、中国、タイを中心とした製造施設への投資などがあります。

市場の主要企業

動物用ワクチン市場の主要企業には、Zoetis(米国)、Merck(米国)、Boehringer Ingelheim(ドイツ)、Elanco(米国)、Ceva(フランス)、Phibro Animal Health Corporation(米国)、Virbac SA(フランス)などがあります。世界の動物用ワクチン市場でのシェアを拡大するために、これらの企業は、製品の発売、契約、提携に力を入れています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]