飼料市場、2021年に2890億米ドル規模到達 COVID-19の影響でサプライチェーンが混乱、食品や原料の価格変動が課題

COVID-19後の飼料市場規模は、2020年の2828億米ドルから、2021年には2890億米ドルに達し、CAGR2.2%で成長すると予測されています。家畜飼料の栄養に対する意識の高まり、畜産業の近代化、食肉およびその他の畜産物の消費量の増加により、飼料添加物の市場規模は拡大しています。飼料メーカーや生産者はCOVID-19の影響に対して技術や戦略を考えはじめました。この流れは、市場の安定と、飼料添加物の需要の増加につながると予測されています。

サプライチェーンの混乱と原料原価の変動が市場に影響

食肉業界の一部の地域では、コロナウイルスの流行を抑制するためのロックダウンにより、家畜や飼料、飼料原料の輸送に影響が出ています。また、原料価格の変動は、COVID-19の間、世界中の飼料メーカーが直面している大きな課題となっています。

操業停止により、食肉、乳製品、畜産物の需要が減少し、飼料市場にも影響

COVID-19の流行により、毎日使う食品や必需品の需要が増加しています。食肉、乳製品、養殖製品の需要が旺盛であるにもかかわらず、流通網では多くの混乱がもたらされ、生産者の市場への製品の提供が妨げられています。例えば、アメリカでは乳製品の需要が高く食品不足に陥っているにもかかわらず、流通網の混乱が生鮮食品の過剰供給を引き起こしています。これらのことから、業界のリーダー的存在であるアメリカの酪農家は、生産者に牛乳の廃棄を依頼する必要がありました。

COVID-19パンデミックの脅威により、牛肉や鶏肉の輸出が世界的に減少しています。さらに、2020年の経済の低迷とパンデミックによる消費者への影響は、動物性タンパク質の需要を減らし、その後の飼料市場にも影響を与えると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]