農業用微生物の市場規模、2025年には116億米ドルへ、CAGRも14.1%で成長すると予測

世界の農業用微生物市場は、2020年の60億米ドルから2025年には116億米ドルに達し、CAGR14.1%で成長すると予測されています。総合的有害生物管理(IPM)慣行の採用により、従来の化学農薬と比較して微生物の開発コストが削減され、微生物農薬の特性から、有機農法を採用する傾向が高まっていることが、同市場の成長促進要因となっています。

タイプ別では、バクテリア部門が市場を独占すると予測

バクテリア部門が市場で最大シェアを占め、2025年までに87億米ドル規模に達すると予測されています。登録されたバクテリアは約140万8525株です。バクテリア部門は登録されている微生物株の中で最大部門であり、様々な産業目的で使用されています。バクテリア株は、すべての微生物の中で最も分離しやすく、培養目的で使用されており、登録されている微生物株の43.5%を占めています。農業におけるバクテリアの利用は、バイオ肥料や殺生農薬の分野で増加しており、これらは継続的に高い収量を提供しています。植物の栽培において総合的な成長を達成する利点があり、市場での使用量が増加しています。

機能別では、作物保護部門が大きく成長

機能別では、作物保護部門が2025年までに15.98%のCAGRで急速に成長すると予測されています。微生物防除は、多くの標的が持つ特異性と生態学的安全性の提供のため、単独、あるいは他の害虫管理プログラムと組み合わせて利用することがあります。生産者は作物に適した利用法を見つける事ができるため、この市場の急速な成長につながっています。

作物タイプ別で、青果物部門は急速に成長する

2025年には、青果物部門が13億米ドルの最大シェアを占めると予測されています。人手がかかった野菜や果物は、最良の状態で栄養を摂取できるため注目されており、市場の牽引要因となっています。また、世界中で果物や野菜の生産量が増加しています。世界的な人々の所得の増加は、自然生産された食品の需要を促進しています。

北米地域における園芸作物の需要が、市場の成長を牽引

北米は2025年に40億米ドルの最大シェアを持つと予測されています。この地域では、有機農業の実践、慣行農法から有機農法への農場の転換、新しい作物の開発などが市場の成長を牽引しています。高価値作物の増加と、微生物由来の視点や、環境上の利点に対する農家の意識の高まりにより、農業用微生物市場の利用が広がると予想されています。また、食品の安全性と品質に対する関心が高まっており、政府による多くの投資とともに、この地域における微生物ソリューションの需要が増加する傾向にあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]