非フタル酸系可塑剤の市場規模、2025年には39億米ドルへ、CAGRも4.6%で成長すると予測

非フタル酸系可塑剤の市場規模は、2020年の31億米ドルから2025年には39億米ドルに達し、CAGR4.6%で成長すると予測されています。非フタル酸系可塑剤の市場の拡大の要因は、フタル酸系可塑剤に対する厳しい規制と、その弊害への意識の高まりによるものです。

最大の用途は床材・壁材部門

用途別に見ると、非フタル酸系可塑剤市場は、フローリング・壁掛け、ワイヤー・ケーブル、フィルム・シート、コート生地、消費財、その他に分類されています。2019年の用途で最大シェアを占めるのは、床材・壁材部門であり、フィルム・シート部門は最速で成長すると予測されています。

トリメリット酸塩は最も高いCAGRを記録する

非フタル酸系可塑剤の市場は、種類別にアジピン酸塩、トリメリット酸塩、安息香酸塩、エポキシ、その他に分類されています。アジピン酸塩が最大シェアを保持し、トリメリット酸塩は高温性能な特性により、最も急速に成長しています。

APAC(アジア太平洋地域)が最大市場

地域別では、APAC、欧州、北米、中東・アフリカ、南米に分類されています。APACは最も高い成長率を記録すると予測されています。非フタル酸系可塑剤の需要は、中国やインドなどの発展途上国で拡大しています。市場の成長は、主に床材・壁材用途でのPVC(ポリ塩化ビニール)需要によって牽引されています。人口の増加と産業の成長は技術革新をもたらし、APACは世界的に重要な産業のハブの役割を担っています。高成長と技術革新は、業界の統合とともに、この地域の市場の急速な成長につながると期待されています

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]