防弾市場規模、2025年まで172億米ドルに成長、CAGR も6.4%を記録する見込み

防弾市場規模は、2020年の126億米ドルから2025年には172億米ドルに達し、CAGR6.4%で成長すると予測されています。新興国では地政学的緊張が高まっており、ブラジル、インド、ロシアなどの発展途上国では国内紛争や緊張による防衛費への巨額な支出が市場の成長を牽引すると予想されています。

プラットフォーム別では、空挺部門が最大

プラットフォーム別に見ると、空挺部門が高いCAGRで成長すると予測されています。これは、固定翼航空機とヘリコプター、無人航空機(UAV)が含まれます。軍事目的のために様々な航空機に対する需要が増加しています。この需要は、中国、日本、韓国、米国など複数の国の軍事費が増加していることに起因しています。UAV部門は、2020年から2025年に最も高いCAGRを達成すると予想されています。空挺部門の成長は、主に戦争のダイナミクスの変化によるもので、戦場へのUAV導入のきっかけとなりました。

用途別では、国土安全保障分野が最高のCAGRで成長

国土安全保障分野は、軍事分野よりも高い成長率で拡大すると予測されています。防弾用防護服は、特定の弾道の脅威から身を守るために、国土安全保障省の職員が現場で着用するものです。職員は、あらゆる任務中の安全を確保するために、防弾ベスト、防弾ヘルメット、手袋などの個人用の防護装備を使用します。防弾ヘルメットは、小銃による発砲や粉砕物の脅威から使用者を保護することを目的としています。国土安全保障省の職員が使用する戦闘用システムには、セラミックや熱可塑性プラスチックが使用されているため、防弾性があります。

アジア太平洋地域は最高のCAGRで成長する

アジア太平洋地域の防弾市場は、2020年から2025年までの間、最高のCAGRで成長すると予測されています。アジア太平洋地域は、経済成長に加え、インド、中国、日本、韓国、オーストラリアなどの国々における防衛費の増加により、防弾システムの新興市場となっています。これらの国の政府や産業界も、必要な資金やインフラを提供することで、請負業者と契約を結び、彼らを支援しています。領土内に侵入し、IED(即席爆発装置)や爆弾などの爆発物を使用する反政府勢力の数が増加していることから、防弾システムの必要性がさらに高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]