固体電池の市場規模、2020年の6,200万米ドルから2027年に4億8,300万米ドルへ急成長する予測 20mAh未満が2020年市場を占有する見込み

世界の固体電池市場規模は、2020年に6,200万米ドルとなり、2027年までCAGR 34.2%で推移し、4億8,300万米ドルに成長すると予測されています。電気自動車向け固体電池への要求の高まり、家庭用電化製品の小型化、主要企業による研究開発活動の増加などが、固体電池市場の成長を牽引しています。

Solid State Battery Market

予測期間中に最速成長を見せるのは二次電池市場

二次電池向け固体電池市場は、予測期間中、高いCAGRで成長すると予想されます。ウェアラブルや医療機器で使われるテクノロジーの進歩に伴い、メーカーは常に、屈曲性や柔軟性があり、高容量で寿命が長く、機器に適したデザインの充電式電池を作る努力を続けています。このため、二次マイクロ電池の需要は高く、予測期間中に急速に増加すると見込まれています。

20mAh未満セグメントが予測期間中の市場を牽引

20mAh未満セグメントは、2020年、市場の大部分を占有すると予測されています。20mAh未満の電池のほとんどが薄膜バッテリーであり、パッケージング、ワイヤレスセンサー、医療用・化粧用パッチ、その他の低ドレインデバイスなどの用途で広く使用されています。これらのアプリケーションからの固体電池需要の増加は、近い将来、市場を牽引すると予想されます。

医療機器向けの固体電池市場が2020年に最大のシェアを占有

医療機器用の固体電池市場は、2020年に最大の市場規模を占めると予想されています。現在、いくつかの製造業者が温度センサー、ペースメーカー、スマートパッチなどの医療機器に電力を供給する固体電池の設計を行い、提供しています。技術の進歩と医療分野でのIoTの浸透により、新しい電池式医療機器の機会が創られました。神経刺激装置、ペースメーカー、除細動器などの埋め込み型医療機器には、安定した信頼性の高い電源を長期間供給できる電池が必要です。固体電池は、その信頼性と性能により、このような要件を満たしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]