スマートグリッドの市場規模、2021年には288億米ドルへ、CAGRも7.1%で成長すると予測

COVID-19後、スマートグリッドの市場規模は、2020年には269億米ドルから2021年には288億米ドルに達し、CAGR7.1%で成長すると予測されています。業界の成長を牽引する主な要因は、機器の監視、データ分析、予防保守などが挙げられます。

COVID-19のシャットダウンにより、ハードウェア部門は最大の後退

ハードウェアは、電力網の柔軟性を高めるため、スマートグリッド設備の中核となる構成部分です。ハードウェアには、スマートメーター、コントローラー、ルーター、スイッチ、ワイヤレスアクセスポイント、ブリッジ、ゲートウェイ、ハブ、リピーター、ロードタップチェンジャー、保護リレー、センサーなどの様々な電力製品が含まれます。これらのハードウェア機器は、消費者およびエネルギー公益事業者双方から多くのデータを取得し、有用な情報や洞察を導き出します。最近までのハードウェア分野の成長は、サプライチェーンを効率的に監視・制御できるよう、老朽化した資産をスマートグリッドシステムに置き換えることに焦点を当てた電力部門の変革によって推進されました。

しかし、COVID-19の発生後は、そのシナリオは変わりつつあります。スマートグリッド・ハードウェア部品のメーカーは、世界的なロックダウンの影響で受注が間に合わないという問題に直面しています。また、主に中国やその他の東南アジア諸国にあるサプライヤーからの原材料の受け入れにも遅れが生じています。これらの問題は、世界中のメーカーに影響を与えています。 

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]