医療用チューブの市場規模、2025年には29億米ドルへ、CAGRも13.2%で成長すると予測

米国の医療用チューブの市場規模は、2020年の26億米ドルから2021年には29億米ドルに達し、CAGR13.2%で成長すると予測されています。主にドラッグデリバリー、カテーテル・カニューレ、使い捨てのバルクチューブ、特殊な用途など、様々なアプリケーションでの需要の拡大が市場の成長を牽引されています。

材料別では、シリコーン部門が高いシェア

シリコーン部門が最大の市場シェアを占めると推定されています。これは、シリコーンが汎用性の高い材料であり、特定の材料に対して高い絶縁耐力と半透性を有し、様々な医療用途での需要が増加していることに起因しています。また、シリコーンの持つ、耐熱性、耐水性、機械的強度、耐久性など様々な特性が、引き続き需要を牽引すると予想されます。

用途別では、ドラッグデリバリー部門が最大シェア

用途別にみると、2020年にはドラッグデリバリー部門が最大シェアを占めると予想されています。これは、ドラッグデリバリーシステム(DDS)におけるデリバリー装置またはデリバリーチャネルとしての医療用チューブ使用の増加に起因しています。DDSの需要は、世界的なCOVID-19の伝染により増加しています。市場はまた、喘息や糖尿病患者などの既存の病状を持つ人々のCOVID-19感染の増加の影響を受けています。経鼻胃管、ネブライザー、スペーサーなどのDDS向け装置や機器の需要が大きく伸びています。

米国が最大の市場シェアを占める

米国は最大かつ急成長している医療用チューブ市場であり、ドラッグデリバリー、カテーテル&カニューレ、使い捨てのバルクチューブ、特殊な用途など、様々な医療用途での使用に起因しています。さらに、強固な産業基盤と多数の医療用チューブメーカーが存在することで、同国の市場は強化されています。これらの要因が、医療用チューブの需要を後押しすると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]