床下暖房の市場規模、2025年には66億米ドルへ、CAGR7.3%で成長すると予測

世界の床下暖房市場は、2020年の46億米ドルから2025年には66億米ドルに達し、CAGR7.3%で成長すると推定されています。この成長は、効率の良い暖房システムに対する需要、床下暖房に対する政府の強力な支援と消費者意識の向上、高い快適性と柔軟な用途に牽引されていると予測されます。

製品別ではハードウェア部門のシェアが高い

床下暖房市場では、ハードウェア部門が最大のシェアを占めています。ハードウェア部品には、主に加熱パイプ、加熱ケーブル、分配ユニット、センサー、制御インターフェースが含まれています。住宅や商業施設での床下暖房の採用が増えていることから、新築物件と改築物件の両方で市場の成長を後押しすることが期待されています。

部品別ではマニホールドが最大のシェアを占める

構成部品別では、マニホールド(吸水管)が最大のシェアを占めています。マニホールドが重要なのは、床下暖房の回路をボイラーやヒートポンプなどの熱源に接続するためです。マニホールドは、圧力、流量、温度を制御しながら、ボイラーから配管に水を循環させる役割を担っています。

新築設置が占める割合が増加

2019年は床下暖房の新築設置が大きなシェアを占めており、エネルギー効率の高い技術を推奨する先進国の新しい法律により、その傾向は継続すると考えられます。また、床下暖房システムは、基本システムの設置には現場の労働者を使い、電気システムやボイラーの試運転・接続は専門業者を使う方法で、新築住宅での設置コストを削減しています。

システム別では、温水式がより大きなシェアを占める

床暖房システムには、温水式(湿式)と電気式(乾式)の2種類があります。温水式システムは、パイプ、ケーブル、および分配ユニットで構成されています。パイプとケーブルの市場は最高のCAGRで成長すると予想されます。また、分配ユニットも床下暖房市場の大きなシェアを占めると予想されます。分配ユニットは、高温の温水を加熱システムから熱交換器に輸送し、再び加熱システムに戻す役割をします。

2019年の床下暖房市場は住宅用部門が独占

2019年は、住宅用部門が床下暖房市場を席巻しました。これは、床下暖房の住宅設置の利点についての消費者の認識が高まっていることに起因しています。また、先進国の改築時の需要も住宅部門を成長させています。床下暖房は、新築時に最適と考えられていますが、画期的な新製品の開発により、改築にも人気が高まっています。現代的なデザインの採用も、消費者が自宅に洗練された内装を求める需要を後押ししています。また、エネルギー効率の高いシステムの設置に関する政府規制と有利な税額控除制度、および省エネルギーの関心の高まりは、住宅市場の成長に大きく貢献しています。

欧州が大きなシェアを獲得

欧州の床下暖房市場は、低炭素経済への移行と、環境とエネルギー効率への関心の高まりから、急速に成長しています。また、政府の規制や推奨に後押しされた高いレベルの断熱材が暖房にかかるエネルギーの低減に寄与しており、欧州では床下暖房がより実用的で効率的な暖房システムとなっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]