長繊維熱可塑性樹脂市場、2025年には46億米ドル規模へ、CAGRも10.5%で成長すると予測

世界の長繊維熱可塑性樹脂市場は、2020年の28億米ドルから2025年には46億米ドルに達し、CAGR10.5%で成長すると予測されています。同市場の成長は、世界的に高性能材料の需要が増加していることに起因しています。

素材別では、PP樹脂が金額、数量ともに大きなシェアを占める

長繊維熱可塑性樹脂市場では、PP(ポリプロピレン)樹脂が数量、金額ともに圧倒的なシェアを占めています。PP樹脂は、そのユニークな特性と様々な加工に対する適応力を持つため、幅広い用途に適した材料として需要があります。この樹脂の主要な特性には、耐薬品性、耐疲労性、絶縁性、弾性、透過性、靭性などがあります。

射出成形は、製法別で大きなシェアを占める

射出成形は、付加価値の高い製造に役立つことから需要が高く、自動車産業では高強度軽量部品の製造に広く利用されています。これらの部門の成長が長繊維熱可塑性樹脂市場の成長を押し上げると予想されます。

繊維材質別で、ガラス繊維部門は、最大シェア

繊維材質別では、ガラス繊維、カーボン繊維、その他の繊維(天然繊維、アラミド繊維)の3種類に分類されます。これらの繊維は、使用された部品の耐久性を向上させます。2020年は自動車用途での需要増加により、ガラス繊維部門が金額、数量ともに圧倒的な市場シェアを占めると予想されます。

自動車産業が、産業別で最大のシェアを占める

多くの複合材料の強度対重量比は、スチールやアルミニウムよりも優れています。使用される部品の軽量化により、自動車産業では長繊維熱可塑性樹脂の使用は不可欠です。その特性が軽量であり、高い引張強度を有するため、自動車産業での使用が拡大しています。

市場シェアは欧州がトップ。

欧州の長繊維熱可塑性樹脂市場は、ドイツと英国の経済成長、有力プレーヤーの存在、自動車産業の拡大などにより、地域別で最大のシェアを占めています。ドイツは長繊維熱可塑性プラスチックの高消費国であり、欧州最大の市場です。自動車産業をはじめとした市場の急速な拡大が、欧州の長繊維熱可塑性樹脂の需要を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]