スマート製造の市場規模は2025年に2204億米ドルに達すると期待されるも、予測値はCOVID-19前と比べて16%の縮小

COVID-19後の世界のスマート製造市場規模は、2020年の1813億米ドルから、2025年には2204億米ドルに達し、CAGR4.0%で成長すると予測されます。この予測値は、COVID-19前と比較して16%減少しています。

スマート製造市場の成長を牽引する要因としては、COVID-19の影響で推進された、スマート製造・ソリューションへの需要、製造エコシステム内の操作に欠かせないデジタルツインの重要性、ヘルスケアや製造分野でのコラボレーションロボットの拡大などが挙げられます。

製造業のサプライチェーンの混乱は、スマート製造に悪影響を及ぼす

世界の製造拠点に向けて、部品や半製品を供給する工場が多く存在する武漢(中国)から、コロナウイルスが出現しました。武漢では、ウイルスの拡散を抑えるため、約2ヶ月間、工場の閉鎖が行われました。この製造拠点の閉鎖で、各地へ出荷する製品の製造ができなくなりました。世界中の製造施設に波紋が広がり、サプライチェーン全体が崩壊しました。

このような状況のため、現在、世界中の製造業のほとんどの企業は、スマート製造やソリューションへの投資よりも、自社のビジネスやキャッシュフローの節約に注力しています。

一時的な医療必需品への製造のシフトが、スマート製造市場を支える

COVD-19の悪影響を受けて、非医療系製造企業の中には、マスク、人工呼吸器及びその関連部品、除菌剤等の医療関連製品の製造を開始した企業もあります。これは、製造企業によるCOVID-19の影響を最小限に抑えるための一つの方法です。しかし、長期的な生き残り戦略とは言えず、企業はパンデミックを乗り切るための改革に焦点を当てる必要があります。

スマート製造市場における製造実行システムは、2020年に高い市場シェアを占める

製造実行システムは、製造工場のリアルタイムの生産や他の操作を、企業が監視する機能を提供します。これにより、現場に必要とされる従業員の数が大幅に削減され、COVID-19に対抗するためのロックダウンや社会的な距離を保つための指令を遵守することができます。COVID-19の流行後、MES(製造実行システム)の市場規模は2020年には増加に転じると予想されていますが、製造業の打撃により、2025年までにCOVID-19以前の市場規模に戻すことは難しいと予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]