COVID-19影響後のスマート照明市場、2025年に242億米ドル規模に達し、CAGR20.9%で成長予測 COVID-19以前の予測からマイナス21%下方修正

COVID-19影響後のスマート照明市場規模は、2020年の94億米ドルから2025年には242億米ドルに達し、CAGR20.9%で成長すると予測されます。2025年は、COVID-19以前の予測と比較して21%減少すると推定されています。

スマート照明市場の成長を牽引する主な要因は、園芸や紫外線消毒照明などの特殊照明用途の需要、増加する患者の治療にあたる多数の医療施設のニーズ、医薬品業界における無菌製造エリアの需要などが挙げられます。

建設業界不振の影響で照明の新規設置部門が伸び悩む

新設工事の多くは新築に依存しており、当分の間その需要は低くなると思われます。一方、医療関係工事は高い伸びが期待されます。改築工事には税制上の優遇措置がないため(米国における179Dエネルギー政策法を除く)、商業・産業分野では改築工事が急激に減少すると予想されます。業界全体としては、新規導入と改築工事の両方が大きく後退しています。

操業停止により、スマート照明市場のハードウェア分野はマイナス影響を受ける

ハードウェア分野は、部品製造の拠点である中国をはじめとする南アジア諸国の操業停止による生産損失が大きく影響しています。また、製造会社が現地にあっても、ロックダウンや国境の封鎖による影響も受けています。企業は一定期間の在庫を保有していますが、業界の専門家によると、状況が正常に戻るまでの予定は不確かです。

公共施設向け照明は収益の落ち込みに直面

屋外用途では、2020年の公共施設用照明は、街路・道路分野と比較して、より大きな収入減に直面しています。2021年に延期された東京オリンピック・パラリンピック、UCIシクロクロス世界選手権、FIBA国際カップなど、2020年のコロナウイルス流行の影響で世界中の多くのスポーツイベントが延期または中止になっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]