フェノール樹脂板の市場規模、2025年には24億米ドルへ、CAGRも6.5%で成長すると予測

フェノール樹脂板の市場規模は、2020年の17億米ドルから2025年には24億米ドルに達し、CAGR6.5%に成長すると予測されています。フェノール樹脂板業界は、建設、航空宇宙・防衛、および輸送分野からの要望により大きく成長しています。

最大の市場は建設業界で占められる

商業施設や一般住宅の防火対策の需要により、建設業界はフェノール樹脂板の最大市場に成長しました。エレベーターの内壁、装飾性に富んだ内装及び外装、エスカレーターの下地材、およびバルコニーの床面など、普及の促進により建設業界での市場は拡大しています。

内装としての利用で強み

内装はフェノール樹脂板の利点が最も分かりやすい分野です。フェノール樹脂板は、建設、海洋、輸送など、さまざまな産業の内装用途で使用されています。その優れた耐火性は、火災関連の事故を回避するための内装用途として世界中で受け入れられています。

サンドイッチタイプは、最も成長が著しい部門

サンドイッチタイプのフェノール樹脂板は、建設、輸送、海洋および航空宇宙・防衛産業から高い需要があり、市場の大半を占有しています。家具、空調ダクトパネル、床、間仕切りなど、さまざまな用途でのアルミニウムベースのフェノール樹脂板の利用は、サンドイッチセグメントの高い成長を牽引しています。

Aクラスのパネルが主流

Aクラスのフェノール樹脂板が市場を占有しています。Aクラス製品は、その優れた耐火特性により、内装、外装、その他の用途に多用されています。FSI(火の燃え広がり指数)が低いため、これらのパネルは北米と欧州市場からの高い需要があります。

欧州が最大のシェアを占める

欧州は、英国、ドイツ、その他諸国からの高い需要により、フェノール樹脂板の主要な消費国となっています。欧州市場における主な用途は、建築内装、航空機内装、外装下地材、家具、空調ダクトパネルなどがあります。技術の進歩、規制政策および政府の規範は欧州市場を牽引する要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]