インフルエンザ診断市場、2025年までCAGR7.8%で成長予測 従来型では迅速診断検査(RIDT)が最大シェア

インフルエンザ診断市場は、2020年の6億9,500万米ドルから2025年には10億1,200万米ドルに達し、予測期間中はCAGR7.8%で推移すると予測されています。市場の成長は、インフルエンザの有病率の増加、インフルエンザ診断薬の研究費の増加、より迅速な診断に対する需要の高まりなどが要因と考えられており、今後数年間で同市場の成長を牽引すると期待されています。しかし、インフルエンザ診断薬の感度や特異度にばらつきがあること、新規診断薬承認のための複雑な規制の存在、医療費の上昇などが、今後数年間の市場の成長をある程度抑制すると予想されています。

Attractive Opportunities in influenza diagnostics market

従来型診断テストでは、RIDTが最大シェア

2019年のインフルエンザ診断市場では、従来型診断テストのうち、迅速診断検査(RIDT)セグメントが最大のシェアを占めました。これは、RIDTの費用対効果が高く、エンドユーザー間で診断・スクリーニングプロセスの第一選択として採用され、より迅速化したRIDTの採用が高まっていることに起因すると考えられます。

エンドユーザー別では、病院セグメントが市場を支配

2019年のインフルエンザ診断市場では、病院セグメントが最大のシェアを占めました。インフルエンザ疾患の診断は、複雑な性質を持ち、技術的に高度な製品を必要とするため、一般的には病院で実施されています。そのため、病院がエンドユーザー別市場の成長を牽引する主な要因となっています。

北米が最大のシェアを占める

インフルエンザ診断市場は、北米、欧州、アジア太平洋、その他の地域(RoW)の4つの主要地域に分けられています。北米は、2019年に最大のシェアを占め、欧州が僅差で続いています。インフルエンザの有病率の増加や、この地域で実施されるインフルエンザスクリーニング検査の増加などの要因が、予測期間中の北米市場の成長を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]