スマート温室の市場規模、2020年の14億米ドルから2025年には21億米ドルに達し、CAGR9.2%で成長すると予測

スマート温室市場は、2020年の14億米ドルから2025年の21億米ドルに達し、CAGR9.2%で成長すると予測されています。APAC(アジア太平洋地域)の市場は、最も高いCAGRで成長すると予測されています。同地域の成長は、人口の継続的な増加と、それによる食料需要の増加に起因していると考えられます。スマート温室など高度なテクノロジーの採用が増加し、年間を通じて新鮮な果物や野菜を供給できるようになりました。また、中国の生産者は、制御環境農業(CEA)や水耕栽培などの高度な栽培技術を導入して、収穫量を増やしています。さらに、資源が限られている中での農業の収量向上への強いプレッシャーや、予期せぬ気候変動から作物を保護する必要性からも、APACでのスマートハウスの導入が増加すると予想されています。

エンドユーザー別では、研究・教育機関が最大シェア

企業は、公的または私的な研究のために、研究・教育機関にスマート温室を提供しています。研究施設の最適なパフォーマンスのために、さまざまな植物システムと植物研究機器を統合するで、機能的なスマート温室施設を提供しています。研究用温室は、研究活動の必要性に応じて、小規模から大規模まで対応可能です。例えば、ネクサスコーポレーションは、1万5000平方フィートの最先端の研究施設や、高校プログラム用に500平方フィートのスマート温室を設計しています。研究機関や教育機関は、様々な花、果物、野菜に関する研究活動を行い、キャンパスや学校で関係者に実地体験を提供するため、スマートハウスの主要なエンドユーザーとなっています。

水耕栽培分野は、大きな規模を占める

水耕栽培は、植物が土壌ではなく養液で栽培される生産方法です。この手法では、コンテナまたは溝のある特別に設計されたベンチを使用して、植物を水中に浮遊させることができます。水耕栽培をベースにしたスマート温室では、保水力の高い砂や小石、おがくずなどを基材として使用しています。これらの基質の中で根が成長し、植物をトラフやコンテナに固定します。水耕栽培をベースにしたスマート温室は、無公害農業を可能にし、資源の消費を抑えることができるため、家庭菜園家からプロの生産者、スーパーからレストランまで、多くの関係者がこの農業技術を採用することが可能になります。

欧州は市場の最大規模を占める

欧州の人口増加が続いていることから、同地域ではアフリカやアジアからの冷凍果物や野菜の輸入が増加しています。この地域の主要国のいくつかでは、地元で栽培された農場からの新鮮な園芸作物のために、屋内園芸が急速に勢いを増しています。近い将来、欧州では環境管理型農業に対する大きな需要が生まれると予想されています。欧州では多くのスマートハウスプロジェクトが実施されています。例えば、Certhonはこの地域で38のスマート温室プロジェクトを完成させました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]