カスタマーアナリティクス市場、2025年まで242億米ドルに成長、CAGR も18.2%を記録する見込み

カスタマーアナリティクス市場は、2020年の105億ドルから2025年までに242億ドルに成長し、CAGRは18.2%になると予測されています。市場の成長を牽引する要因には、個々の購買行動の解明と、合理的な市場調査をするための人工知能(AI)、機械学習(ML)、ビジネスプロセスの自動化などの技術の出現が挙げられます。

Customer Analytics Market

急速に成長するクラウド展開モード

クラウドソリューションは、サービスプロバイダーが自社のデータセンターなどの施設内で提供するSaaS(Software as a Service)ソリューションです。これらのソリューションは通常、インターネットを介して、必要なときにどこからでもアクセスが可能です。クラウドソリューションは、スケーラビリティ、適応性、導入の容易さ、費用対効果などのさまざまな利点により、各種組織でのクラウド導入が促進されています。低コストで導入が容易なことから、クラウドは非常に望ましい配信モードとなっています。コスト面や、ソフトウェアベンダーが提供する24時間365日のサポートやメンテナンスなどの利点から、中小企業(SME)は、オンプレミスよりクラウドソリューションを採用する傾向があります。この市場のベンダーの大半は、クラウドベースの顧客分析ソリューションを提供することで顧客を惹きつけています。

製品管理は最高のCAGRで拡大

サービス事業者はカスタマージャーニーの過程で、顧客が好む商品の特徴、機能、価格、配送関連データなど、膨大な量の有益な情報を得ることができます。顧客分析は購買行動を分析するのに役立ち、うまく購買につながらない製品の情報も提供することができます。大企業は、顧客により良いサービスを提供し、製品管理に多額の資本を投入しています。マーケティング担当者は、自社の製品やサービスに対する顧客の行動を分析し、顧客を引き留めるために必要な対策を行います。顧客分析により、競合他社より早く顧客ニーズに対応することができます。マーケティング担当者は、カスタマージャーニーマッピングを通じて収集した情報に基づき、価格設定、製品開発、購入オプションの追加などの意思決定を行います。

市場規模が最大となる北米

カスタマーアナリティクス市場では北米が最大のシェアを占め、一方、アジア太平洋地域(APAC)は最も高いCAGRで成長すると予想されます。北米は米国とカナダが主導しています。各企業は競争力を保つため、顧客分析ソリューションを導入して、顧客データを活用しています。カスタマーアナリティクスは様々なニーズへの対応策として、多くのデータソースからの顧客情報を集め、新規および既存の顧客の分析やサ-ビスを提供します。また、北米にはGoogle、Adobe、SAP、Microsoft、Oracle、Salesforceなどの複数の顧客分析ソリューションベンダーが存在します。これらの企業は、北米全体の激しい競争に勝つため、収益の増加と事業の拡大を目指しています。北米の組織は、最新の状況に対応するための改革に力を入れています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]