サーマルプリントの市場、2025年まで535億米ドルに成長、CAGR も4.4%を記録する見込み

サーマルプリント(熱転写印刷)市場は、2020年の432億ドルから2025年には535億ドルに達し、CAGRは4.4%で成長すると予測されています。生産性向上のための自動識別・データキャプチャ技術、製品の安全性や偽造防止に関する需要、最新のオンデマンド印刷での利用拡大、モバイルプリンタのワイヤレス技術の普及、急成長する電子商取引業界でRFIDやバーコードサーマルプリンタの利用が拡大している事など、市場の主な推進要因となっています。

ヘルスケアとホスピタリティ分野、最高のCAGRで成長

ヘルスケアとホスピタリティ分野は、サーマルプリント市場で最も高いCAGRを記録すると予想されます。スマートラベルを使用することで、緊急時に患者や医療機器を把握することができます。サーマルプリンタは、ヘルスケア分野の様々な用途で互換性があり、患者の流動、ベッド利用状況、資産の割り当てなどに役立つラベルやタグを印刷するために広く使用されています。

最大の市場シェアを占めるサーマルプリンタ用バーコードプリンタ

サーマルプリンタ市場は、プリンタの種類別に、バーコードプリンタ、POSプリンタ、キオスク&チケットプリンタ、RFIDプリンタ、カードプリンタに分類されています。バーコードプリンタは、この市場をリードすると予想されます。サーマルバーコードプリンタは、ラベルを貼り、その後出荷される製品を追跡するために、中小企業や大企業で広く使用されています。これは、サーマルプリンタ市場において、バーコードプリンタが主導的な地位を築いた重要な要因の一つです。

北米が最大の市場シェア

サーマルプリント市場では北米が最大のシェアを占めると予想されています。この地域でサーマルプリンタが使用されている主な用途は、小売、輸送・物流、製造・工業、ヘルスケア・ホスピタリティなどです。この地域にはサーマルプリンタや付属品を提供する企業が複数存在しており、北米市場の成長をさらに後押ししています。Zebra Technologies(米国)、Honeywell International(米国)、NCR Corporation(米国)、Avery Dennison(米国)は、北米に進出しているサーマルプリンタのプロバイダーの一例です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]