国土安全保障・危機管理市場、2025年まで8,465億米ドルに成長、CAGR も6.3%を記録する見込み

国土安全保障・危機管理市場は、2020年の6,231億米ドルから2025年には8,465億米ドルに達し、CAGR6.3%で成長すると予測されています。市場の成長は、テロリストの脅威やバイオハザード攻撃の増加、クラウドアプリケーションやクラウドコンピューティングの採用の増加、古い機器やインフラのアップグレードなど、さまざまな要因によって牽引されています。さらに、主要な国土安全保障機器メーカーは、装甲車、巡視船、無人プラットフォーム向けの高度なセキュリティシステムなどを開発しており、市場の成長に貢献しています。

ロッキード・マーチン(米国)、レイセオン(米国)、ノースロップ・グラマン(米国)、レイドス(米国)、IBM(米国)、フリアーシステムズ(米国)、タレスグループ(フランス)、エルビットシステムズ(イスラエル)、ゼネラル・ダイナミクス(米国)、ユニシス(米国)などの市場プレーヤーは、効果的なISRミッションや国境警備・監視を実施するための高度な機能を備えた国土安全保障システムの開発と近代化に力を入れています。

Homeland Security and Emergency Management Market

システム部門はサービス部門よりも高いCAGRを達成する

国土安全保障・危機管理市場は、システムとサービスに分類されています。システムセグメントは、2020年から2025年まで市場をリードすると予測されています。世界的な脅威が増大し、各国政府は国境、空港、公共機関、港湾、交通システムなどで高いレベルのセキュリティを採用することを余儀なくされています。情報・監視システムは、市民の生命を危険にさらす侵入者、すなわちテロリスト、不法移民、密輸業者を検知、追跡、認識するのに役立ちます。システム部門は、情報・監視システム、検出・監視システム、武器システム、入退室管理システム、プラットフォームなどをカバーしています。

国土安全保障分野が市場をリードする

2020年から2025年までは国土安全保障分野が市場を牽引すると予測されています。この分野の成長は、生体認証および高度な識別技術の進歩に起因します。国境を越えたテロ、サイバー犯罪、海賊行為、麻薬取引、人身売買、内紛、分離主義運動などの脅威が、国土安全保障分野の成長を牽引しています。

法執行および情報収集分野が市場を牽引

国土安全保障・危機管理市場は法執行および情報収集分野が牽引すると予測されます。この分野は、犯罪行為の抑止と検出のための監視活動の増加により、市場をリードすると予測されています。その主な機能は、テロ攻撃、サイバー攻撃、自然災害を回避し、その影響を最小限に抑えることです。

アジア太平洋地域の市場は、最も高いCAGRを達成する

地域別では、アジア太平洋地域が、最も高いCAGRを記録すると予測されます。テロ活動、地政学的紛争、ストライキや抗議活動、化学攻撃、自然災害の増加を受けて、この地域のソリューション・プロバイダーは、技術効率の高いシステムや機器の開発を進めています。攻撃の標的にされる可能性が高まっているため、中国、日本、インドの国土安全保障への支出は、近年増加しています。また、アジア太平洋地域では、テロ攻撃やサイバー攻撃が発生しており、地域に大きな被害をもたらしています。インド、中国、オーストラリア、日本、マレーシア、シンガポールなどの国々は、最高レベルの物理的、およびサイバーセキュリティシステムを採用してテロ対策に取り組んでいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]