創薬インフォマティクス市場、2025年には35億米ドルに、CAGRも9.3%で成長すると予測

創薬インフォマティクス市場は、2020年の22億ドルから2025年には35億ドルに達し、CAGRは9.3%に成長すると予測されます。市場の成長は、研究開発費の増加、希少疾患に対する研究支援の増加、創薬におけるインフォマティクスの利用などの要因に大きく牽引されています。しかし、熟練した専門家の不足とインフォマティクスソフトウェアのセットアップコストの高さが、市場の成長を制限すると予想されます。

Drug Discovery Informatics Market

機能別では、シーケンシングと標的データ解析が最大のシェア

2019年の市場において、機能別では、シーケンシング・ターゲットデータ解析セグメントが最大のシェアを占めました。この分野の大きなシェアは、新薬のシーケンシング解析への応用が増えたことや、異なるソースやドメインからの情報の取り扱いが容易になったことに起因しています。

エンドユーザー別では、製薬会社部門が最大シェア

2019年の市場では、製薬会社部門が最大のシェアを占めております。製薬企業はこのインフォマティクスソフトウェアを前臨床研究開発、ターゲットの特定、化合物のスクリーニング、リードの特定に幅広く使用しており、この部門の成長を促進する要因である創薬プロセスの合理化を進めています。

北米が最大のシェアを占める

創薬インフォマティクス市場は、北米、欧州、アジア太平洋、その他の地域(RoW)の4つの主要地域に分けられています。2019年、北米市場が最大のシェアを占め、欧州が僅差で続いています。北米の比重が大きいのは、老舗CROの存在、製薬・バイオ製薬企業による研究開発費の増加などの要因が考えられます。

アジア太平洋地域は、最も高いCAGRで成長すると予測されています。この急成長を牽引しているのは、製薬・バイオ医薬品産業の急速な成長、CROの増加、創薬プロセスに対する規制の緩和などの要因があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]