気泡ガラス市場:2025年までCAGR3.5%で成長、市場規模は6億1800万米ドル到達見込み

世界の気泡ガラス(セルラーガラス)市場は、2020年の推定5億2000万米ドルから2025年には6億1800万米ドルに達し、CAGRは3.5%になると予測されています。産業用としての高品質な断熱性、火災からの保護、長寿命化が成長の原動力となっています。また、環境規制や新たな用途も、今後数年の需要を押し上げると予測されます。

タイプ別では、ブロックおよびシェル分野が牽引

建設・産業分野の成長により、ブロックおよびシェル分野が2019年の業界を牽引しました。

ブロックおよびシェルは、貯蔵タンク、パイプライン、屋根の断熱材に使用されています。ブロックは、望む形状に切断し設置することができます。この柔軟性が需要を牽引するもう一つの要因となっています。

用途別では、建設業がリード

2019年の市場では、建設用途が最大のシェアを占めました。厳しい建築基準と、構造物における耐荷重性の高い断熱材の利用増加が、今後も市場の成長を牽引します。ブロックやシェル、発泡ガラス砂利など、どの形状も建設に使われています。住宅、商業、土木建築での気泡ガラス利用は今後も拡大し、この市場をリードしていくでしょう。

欧州が世界の気泡ガラス市場を牽引

欧州は2019年の世界の気泡ガラス業界をリードしました。建設プロジェクトでの使用、エネルギー効率化に向けたトレンド、厳しい建築基準がこの地域での断熱材の使用を増加させています。

さらに、Misapor AG(スイス)、POLYDROS, S.A.(スペイン)、REFAGLASS s.r.o.(チェコ)、Uusioaines Oy(フィンランド)、Steinbach Schaumglas GmbH & Co.KG(ドイツ)、GEOCELLELLのような気泡ガラスの大手メーカーの存在が市場成長を牽引しています。KG(ドイツ)、GEOCELL Schaumglas GmbH(ドイツ)、STES-Vladimir(ロシア)、German Geo Construction GmbH(ドイツ)、Benarx(ノルウェー)、Liaver GmbH & Co. KG(ドイツ)などの企業が進出しています。老朽化した建物のリフォームの増加も需要を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]