温度センサー市場、2027年には88億米ドルに、CAGRも4.8%で成長すると予測

世界の温度センサー市場は、2020年の63億米ドルから2027年には88億米ドルに達し、CAGR4.8%を記録すると予測されます。この業界の成長は、先進医療機器やポータブルヘルスケア機器、自動車部門、ホームオートメーションシステムやビルオートメーションシステムなど、温度センサー需要の増加に牽引されています。

接触型が大きなシェアを占める

接触型温度センサーは、低コスト、温度範囲、高精度などの理由で、化学、家電、石油・ガス、エネルギー・電力、自動車などの産業で広く使用されており、熱電対、抵抗温度検出器、サーミスタ、温度センサIC、バイメタル温度センサーにさらに細分化されています。

デジタル出力分野が大きなシェアを占める

市場ではデジタル出力分野がより大きなシェアを占めています。デジタル出力の温度センサーは、アナログ出力のセンサーに比べていくつかの利点があり、特にリモート分野に適しています。医療、航空宇宙、試験・計測機器、産業用オートメーションなどで使用されています。

最大のシェアを占めるのは化学品産業分野

化学品産業分野は、温度センサー産業で最大のシェアを占めると予測され、重要な役割を果たしています。精製、ヒートトレーシング、クラッキング、焼却などのプロセスや、サニタリーや配管などでは、温度の管理と制御のために温度センサーが使用されています。

相対湿度センサーは、より高い成長率

相対湿度センサーは、空気中に実際に存在する水蒸気と、空気中に存在する事のできる水蒸気の比である相対湿度、またはRHを測定します。天気予報では、露や降水の確率を相対湿度で表示しています。また、相対湿度は快適さを求める際に重要なパラメータです。

アジア太平洋市場は大幅な成長を記録

アジア太平洋地域が温度センサー市場で最大のシェアを占めると予測されています。中国、インド、韓国、日本はアジア太平洋地域の成長に大きく貢献しています。同地域全体の急速な工業化の進展は、市場の成長を促す環境を作り出しています。特に自動車や工業生産の拡大は、大きな需要を生み出しています。また、ポータブルヘルスケアエレクトロニクスや白物家電などの消費者機器に対する需要も、温度センサーの需要を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]