低温機器市場:2025年までCAGR6.4%で成長、市場規模は171億米ドル到達見込み

世界の低温機器市場は、2020年の126億米ドルから2025年には171億米ドルに達し、CAGR6.4%で成長すると予測されます。産業用ガスの需要増加とLNGインフラへの投資が低温機器市場を牽引しています。

クライオゲン別では、タンク部門が成長に貢献

低温タンクは、酸素、水素、窒素、ヘリウム、アルゴンなどの液化した工業用ガスの貯蔵・輸送に使用されます。一般的にマイナス150℃以下の液化ガスを貯蔵できるよう設計されています。用途などに合わせて、水平、垂直、二重壁、断熱などの様々な形状、構造を持ち、固定式だけでなく、移動できるタイプも開発されています。医療技術、食品、電子機器、金属加工などの複数の産業で幅広い用途で使用できます。一般的には、LNG液化基地やタンカーの形で、LNGを貯蔵するために使用されています。

冷却剤別では、LNGの成長率が最も速い

世界的にLNGの需要が急増しています。国際ガス連合によると、2018年のLNG貿易は2017年比9.8%増となっています。LNGの高い需要を満たすために、各国はLNGの貯蔵と再ガス化インフラに高額の投資を行っています。2018年には、バングラデシュとパナマで2つの新しい再ガス化ターミナルが稼働しました。このようなインフラ建設プロジェクトは、タンク、気化器、バルブ、熱交換器などの機器の需要を生み出しました。このような要因により、LNGに関連する低温機器は、7.8%の最高CAGRで成長しています。

アジア太平洋地域が最大の市場となる

北米、欧州、南米、アジア太平洋、中東、アフリカは、低温機器の調査対象となる主要な地域です。エネルギー分野への投資は過去5年間で大幅に増加しており、低温装置の巨大な需要を生み出しています。この地域は、エネルギー、電力、技術の分野で急成長している市場です。また、冶金、化学製造、食品・飲料、エネルギー・電力などの関連産業の成長が低温装置市場を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]