バイオプラスチック・バイオポリマー市場:2025年までCAGR21.7%で成長、市場規模は279億米ドル到達見込み

世界のバイオプラスチック・バイオポリマー市場は、2020年に105億ドル、2025年には279億ドルと、CAGR21.7%で成長すると予測されます。この高い成長は、主に世界の包装産業によって牽引されています。また、包装以外にも、消費財、自動車・輸送、農業・園芸、繊維など様々な用途で使用されています。

パッケージング産業の成長は、市場の需要拡大につながる

パッケージングは、市場を支配する産業の一つです。バイオプラスチック、特に生分解性バイオプラスチックは、環境問題に対応するため、従来のプラスチックに代わり需要が高まっています。ボトル、フィルム、クラムシェルカートン、廃棄物収集袋、キャリアバッグ、マルチフィルム、食品サービス用品など、バイオプラスチックの使用が増加しています。

グリーン調達政策と規制に政府が焦点

従来の化石燃料の削減圧力が、バイオベース製品の需要を後押ししています。こうした動きは、世界中の政府が採択している新しい政策や規制にも支えられています。これらの規制には、ショッピングバッグ、包装材、使い捨て品などの従来型プラスチックの使用を禁止したり、追加料金を課したりする内容が含まれています。レジ袋やその他のプラスチック製品に対するこれらの規制は、バイオプラスチック、特に生分解性プラスチックの市場を世界的に牽引しています。

アジア太平洋地域が急速に成長

地域別では、アジア太平洋地域、欧州、北米、その他各国に分類されます。アジア太平洋地域は、人口の急増に加えて、環境に優しいプラスチック製品に対する消費者の嗜好の高まりから、バイオプラスチック・バイオポリマー市場が急成長しています。消費者の購買力は、この地域の様々な産業の成長を推進しています。これらの要因により、この地域のバイオプラスチック・バイオポリマー需要の増加が予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]