ジェスチャー認識市場、2025年には323億米ドルに、CAGRも27.0%で成長すると予測

ジェスチャー認識市場は年平均成長率27.0%で拡大し、2020年の98億ドルから2025年には323億ドルに達すると予測されています。この市場の成長の主な推進要因は、自動車産業におけるコネクティビティに対する需要の増加、技術的使いやすさと高度なユーザー体験、および複数の産業におけるデジタル化の進展です。さらに、ジェスチャーコントロールと複数の技術の統合により、市場にチャンスが生まれるでしょう。市場の主な抑制要因は、対応製品の消費電力の高さです。製造業者にとって複雑なフレームワークが、この市場にとって大きな課題となっています。

タッチレスセンシング市場はCAGR17.4%で推移し、2020年の68億ドルから2025年には153億ドルに達すると予測されています。市場の主な推進要因には、非接触型センシングの需要の増加、衛生対策、政府により導入された有利なプログラムなどがあります。スマートフォンでのタッチレスセンシング技術や、追跡・制御機能をアップグレードしたタッチレス生体認証ソリューションの需要は、市場にチャンスを生み出します。市場の主な制約要因は、ユーザーの抵抗と相まって、切り替えコストが高くなることです。タッチレスセンシング製品にかかるコストの高さは、この市場にとって大きな課題となっています。

ジェスチャー認識市場

業界別では、家電製品が最大シェア

家電業界の市場シェアが最も大きいのは、ラップトップ、タブレット、スマートフォンなどの家電製品のエンドユーザーが増加しているためです。技術の進歩と使い勝手の良さが、家電業界におけるジェスチャー認識技術が増える要因となっています。市場成長を牽引するもう一つの重要な要因は、ジェスチャー認識技術が多くの消費者向けデバイスに人間工学に基づいた機能を提供していることです。

生体認証分野は、今後数年でタッチレスセンシング市場で最大シェアとなる

自動車、家電、商業、産業分野での生体認証機器の増加が、タッチレス生体認証機器市場の成長を牽引すると予想されます。指紋技術には向かないエンドユーザーの市場や環境の拡大で、非接触型バイオメトリクス・センサー技術は実行可能なソリューションであることが証明されています。指紋技術は、皮膚の完全性に依存し、特定の環境やさまざまな民族で適切に機能することが難しいため、万能のソリューションではありません。非接触型生体認証センサーは、これらの問題を解決するのに役立ち、接触を必要とする生体認証技術で問題となる衛生面でも付加価値を提供します。

2020年のジェスチャー認識・タッチレスセンシング市場、北米が最大規模に

北米のジェスチャー認識およびタッチレスセンシング市場は、ここ数年で大きな進歩を遂げ、技術と関連サービスの採用という点で常に最先端を走っています。ゲームやエンターテイメント産業での拡張現実(AR)や仮想現実(VR)技術の導入により、地域でのジェスチャー認識製品およびソリューションの採用が加速しています。北米では、規制活動やセキュリティ業務の強化を目的とした政府の取り組みが市場の成長を後押ししています。さらに、ユーザー認証のためのフィンガースキャン生体認証技術は、PC/ネットワークセキュリティアプリケーションの需要を高めると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]