過硫酸塩市場:2025年までCAGR3.4%で成長、市場規模は8億6100万米ドル到達見込み

世界の過硫酸塩市場規模は、2020年の7億3000万米ドルから2025年には8億6100万米ドルに成長し、CAGRは3.4%に達すると予測されます。過硫酸塩は、多くのエンドユース産業で様々な機能に使用されています。ポリマー製造では、酸化剤、フリーラジカル発生剤、連鎖開始剤として使用されています。また、エレクトロニクス産業では、洗浄剤やエッチング液として使用されています。化粧品&パーソナルケア業界では、スキンケアやヘアケア製品の製剤として使用されています。その他の用途では、土壌浄化の洗浄剤として、石油・ガス業界では水圧破砕の粘度調整剤として使用されています。

そして、こうした最終製品市場の成長が、過硫酸塩の消費を牽引すると期待されています。しかし、COVID-19の発生のため、ラテックスポリマー製手袋、食品包装用ポリマー、ティッシュペーパーなど一部の用途を除いて、エンドユース産業の成長は鈍化すると予想されます。これらの産業の減速は、2021年までの過硫酸塩需要に影響を与えるでしょう。COVID-19の震源地である中国では、過硫酸塩の70%以上が生産されているため市場にも影響を与えています。 

過硫酸塩市場

過硫酸ナトリウムは過硫酸塩市場で急成長している

過硫酸ナトリウムセグメントは世界の過硫酸塩市場をリードすると予測されています。過硫酸ナトリウムは強力な酸化剤であり、ポリマーに広く使用されています。また、PCB製造ではエッチング液や洗浄剤として使用されています。これは過硫酸アンモニウムに次いで高価な化学物質になります。化粧品・パーソナルケアのエンドユース産業における過硫酸ナトリウムの需要は、金額ベースで最も高い割合で成長すると予測されます。

水処理産業は、過硫酸塩市場で最も急速に成長するエンドユース産業

エンドユース産業別に見ると、水処理産業は2020年から2025年の間に最も高いCAGRで成長すると予測されています。過硫酸塩は、水処理のための酸化剤として使用されています。環境に対する関心が高まる中、水処理産業における過硫酸塩の消費は最も急速に成長すると予測されています。

アジア太平洋地域が最も成長する

アジア太平洋地域の過硫酸塩市場は、2020年から2025年の間に最も高いCAGRで成長すると予想されています。電子機器、ポリマー製造、化粧品・パーソナルケアなどのエンドユース産業からの需要の増加が、アジア太平洋地域における過硫酸塩の需要を牽引するでしょう。水処理や土壌浄化などの新しい用途向けの過硫酸塩市場は、高い成長率で拡大すると見込まれています。土壌汚染に対する関心の高まりは、アジア太平洋地域の土壌浄化における過硫酸塩の消費を押し上げるでしょう。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]