ゴム修理用接着剤市場、2025年まで3億5,400万米ドルに成長、CAGR も4.0%を記録する見込み

世界のゴム修理用接着剤市場は、2020年の2億9,100万ドルから2025年には3億5,400万ドルに成長し、予測期間中のCAGRは4.0%に達すると予測されます。ゴム修理用接着剤市場は、鉱業・採石業、セメント・骨材業、鉄鋼業からの需要の増加により成長しています。

ゴム修理用接着剤市場

ホットボンドプロセスは金額ベースで市場を席巻

ゴム修理用接着剤のホットボンドプロセスは、金額ベースで2019年の市場を支配しました。ホットボンドプロセスで使用される接着剤は、コールドボンドプロセスで使用される接着剤と比較して、コンベアベルトの補修において、より高い修理結果をだします。

鉱業・採石業は、金額ベースで大きなシェアを占める

ゴム修理用接着剤は、コンベアベルト、プーリー、およびローラー修理のため、鉱業、採石業で広く使用されています。この業界では、ばら荷運搬と材料を移動するためのゴム製のコンベヤベルトを必要とします。これらのゴム製のコンベヤベルトは、材料の処理や運搬の過程で損傷を受けるので、定期的な修理やメンテナンスを必要とします。

コンベヤベルト用途が最大シェア

コンベアベルト用途は、金額ベースで最大のシェアを占めています。ナイロンやスチールコードで補強されたゴム製のコンベヤベルトは、コンベヤシステムの最もコストのかかる部分です。しかし、過酷な労働条件や環境、材料輸送時の摩耗など、コンベアシステムは常に衝撃の損傷にさらされており、定期的なメンテナンスと維持は、コンベアベルトの寿命を延ばす上で重要な役割を果たしています。こうした理由で、コンベアベルトアプリケーションにはゴム修理用接着剤の高い需要があります。 

2019年、アジア太平洋地域が最大のシェアを占める

アジア太平洋地域は金額ベースでゴム修理用接着剤市場を支配しました。アジア太平洋地域がゴム修理用接着剤市場をリードしたのは、この地域の鉱業・採石業、セメント・骨材、鉄鋼のエンドユース産業が存在するためです。これらの産業では、コンベアベルト、プーリー、ローラーにゴム修理接着剤を使用しています。これらエンドユースセグメントの市場は、中国、日本、インド、オーストラリア、韓国、その他の国が主導しています。継続的な技術進歩に伴い、高機能ゴム修理用接着剤の需要が増し、この地域の市場の発展につながっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]