中東・アフリカ(MEA)のWi-Fi as a Service(WaaS)市場:2025年までCAGR26.6%で成長、市場規模は10億9,400万米ドル到達見込み

中東・アフリカ(MEA)のWi-Fi as a Service(WaaS)市場規模は、2020年の3億3,600万米ドルから2025年には10億9,400万米ドルに成長し、CAGRは26.6%になると予測されています。中東・アフリカのWaaS市場の成長を牽引する主な要因には、サービスとしてのモデルを利用することによる設備投資(CAPEX)と運用費(OPEX)の節約、企業間でのモノのインターネット(IoT)接続の拡大などがあります。

中東・アフリカ(MEA)のWi-Fi as a Service(WaaS)市場

無線ローカルエリアネットワークコントローラ (WLAN) セグメントは高いCAGRで成長

ソリューションに基づいて、WLANコントローラのセグメントは、高いCAGRで成長すると予測されています。WLANコントローラは、さまざまな場所に配置されたアクセスポイント(AP)を、ネットワーク運用チームが設定、管理、制御するのに役立ちます。企業にとって重要なのは、Wi-Fiネットワークに合わせて適切なコントローラを選択することです。一般的に、コントローラの選択は、Wi-Fiネットワークの利用やアクセスを想定した数に合わせて行われます。たとえば、大企業は中小企業(SME)と比較して、より多くのWi-Fiユーザーに対応しなければなりません。

予測期間中はインドアセグメントが高いシェアを占める

ロケーションタイプ別では、インドアセグメントが中東・アフリカ(MEA) のWaaS市場をリードすると予測されます。ユニファイド・コミュニケーション(UC)、クラウド、エンタープライズモビリティ、コラボレーションツールなどのビジネスアプリケーションのあらゆる分野での利用、企業でのBYOD(Bring Your Won Device)デバイスの浸透、屋内環境でのモバイルトラフィックの増加が、屋内Wi-Fiサービスの大規模な導入を後押しします。

2020年にはサウジアラビアが最高の市場シェアを記録

サウジアラビアは、世界25カ国の中で最大の経済大国であり、中東・アフリカの中では最大の自由市場経済国です。アラブの国内総生産(GDP)の約25%を占め、一人当たりの所得は2020年までに33,500米ドルに達すると予想されています。国内市場は年率約3.5%で成長しており、購買力のある若い消費者層を確保しています。また、25歳以下の若者が約50%を占めています。若くて技術に精通した人口が、情報通信技術(ICT)部門のGDP貢献度を4%に押し上げており、サウジアラビアは世界経済フォーラムの世界競争力指数「ICT採用」カテゴリーで16位にランクインしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]