商用車・オフハイウェイ車向けレーダー市場、2027年には8億3,100万米ドルに、CAGRも27.4%で成長すると予測

商用車・オフハイウェイ車向けレーダー市場は、2020年の1億5,300万米ドルから2027年には8億3,100万米ドルに達し、CAGR27.4%で成長すると予測されています。道路上の安全性を高め、衝突を減らし、燃料消費量を減らすことができるADAS(先進運転支援システム)機能を搭載した車両への高い需要が、商用車・オフハイウェイ車向けレーダーの採用を後押ししています。

オフハイウェイ車向けレーダー市場

アジア太平洋地域の車種別市場、オフハイウェイ車セグメントは急速に成長

オフハイウェイ車は建設現場や採掘現場で活躍するため、BSDの歩行者や労働者の存在をドライバーに知らせる機能は、商用車よりも重要になります。オフハイウェイ車は、車線がない、マーキングがない、視界が悪いなど様々な地形に遭遇します。レーダーシステムは、悪天候や薄暗い場合でも性能を発揮し、オフハイウェイ車の作業条件に適しています。アジア太平洋地域は、それぞれ政府によって開始された最大のインフラプロジェクトのため、オフハイウェイ車向けレーダーの最も進んだ市場です。

車種別で、商用車は最大の市場シェアを占める

レーダーは、LiDARなどの他の技術に比べてはるかに費用対効果が高く、世界中で広く利用されています。速度、距離、方向、到達角度などによって、レーダーは移動物体を検出し、車線内に留まり、かつ事故を回避できる速度を測定します。企業は、商用車へのADAS機能の搭載に着手し始めています。例えば、ボルボ・トラックスは2017年、セミトラックの新型VNLシリーズを発売しました。このトラックには、前方衝突警告、アダプティブクルーズコントロール、車線逸脱警告、自動緊急ブレーキなどのADAS(Advanced Driver Assist Systems)が搭載されています。

予測期間中の市場規模は欧州が第2

予測期間中、欧州地域が第2位の市場になると予想されています。欧州は商用車の安全性向上への取り組みが進んでおり、EUでは2022年までに安全機能を搭載した車両を義務化する計画を発表しています。この地域の自動車OEMの多くは、ADAS機能を標準装備しています。欧州では、先進的な安全機能を搭載した車両の採用が続く傾向にあり、これも商用車・オフハイウェイ車向けレーダー市場の成長を後押しする重要な要因となっています。

しかし、世界的なCOVID-19の流行により、欧州をはじめとする他の地域の自動車産業は直接的な影響を受ける事になりました。フォード、日産、Vauxhallなどが、売上高の減少と部品の不足のために工場を閉じ、その影響は、しばらくの間ヨーロッパの経済の減速を引き起こすでしょう。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]