高速液体クロマトグラフィ市場、2025年までに57億米ドルに成長、CAGR も4.6%を記録する見込み

世界の高速液体クロマトグラフィ(HPLC)市場規模は、2020年の45億ドルから2025年には57億ドルに達すると予測され、CAGRは4.6%になります。この市場の成長は、HPLC技術の感度と精度の高さ、医薬品承認におけるHPLC検査の重要性、ハイフネーション技術の人気の高まり、医薬品の研究開発費の増加によって推進されています。一方で、HPLCシステムのコストの高さが市場の成長を制限すると予想されます。

高速液体クロマトグラフィ市場

HPLC装置採用の増加

製薬、バイオテクノロジー、食品、農業の研究開発の増加は、HPLC市場を確実に後押しします。特許取得済み研究や臨床試験の増加は、確実に市場を押し上げるでしょう。消耗品市場も、高いCAGRで成長すると予想されます。

臨床研究セグメントの高い成長率

HPLCの機器は、臨床研究など研究のために重要です。医薬品の原薬や賦形剤、触媒などに含まれる植物性・動物性タンパク質などの無機不純物を測定するために必要です。臨床研究では、開発した医薬品の評価試験を行います。こうした過程には、HPLCのような効率的な分析試験装置が必須となっています。このように、臨床研究分野に続いて、他の分野(化粧品の分析、環境研究、食品産業)なども大きく成長しています。

北米市場は、最も高い成長率を達成

世界のHPLC市場では、北米が最大のシェアを占めると予想されています。この地域の市場成長は、主に研究開発費の増加、CROや製薬会社による前臨床活動の増加、カナダでの食品・農業産業の増加などによって牽引されています。一方、アジア太平洋地域でも、その成長率は高くなると予測されます。日本でのバイオシミラーやジェネリック医薬品の販売拡大、インドや中国での製薬・バイオテクノロジー分野の成長などが、HPLC市場を牽引する主要な要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]