量子ドット市場、2025年には106億米ドルに、CAGRも24.6%で成長すると予測

世界の量子ドット市場規模は、2020年の35億ドルから2025年には106億ドルに成長し、CAGR24.6%に達すると予測されます。ディスプレイデバイスにおける量子ドットの需要と高機能は、この産業に大きな可能性をもたらしています。

世界の量子ドット市場を支配する消費者

量子ドット市場の最大のシェアを占めるのは、コンシューマー分野であると予想されます。量子ドット技術は、色域、色精度、消費電力の削減など、ディスプレイの性能を飛躍的に向上させることから、多くの家電メーカーが製品へ量子ドット技術を採用しています。

さらに、高輝度、純色、波長可変性などの量子ドットの独自の特性により、ディスプレイ設計者は光のスペクトルをカスタマイズして、ディスプレイの効率性とカラー性能を最大限に高め、新たなユーザー体験を提供することができます。その結果、コンシューマー分野が量子ドット市場で大きなシェアを占めることが予想されます。

カドミウムフリー市場は2020年から2025年まで最高のCAGRで成長

カドミウムを含まない量子ドットは、製造業者や消費者に、安全で継続可能なオプションを提供し、毒性や潜在的な規制に伴うリスク無く、この技術による色の利点を提供します。また、ディスプレイだけでなく、照明ソリューション、太陽電池、生物医学を含む多くのアプリケーションへの可能性を導きます。その結果、この材料分野は、高いCAGRで成長すると予想されています。

ディスプレイが量子ドット市場を支配する

QLEDは、スペクトルが狭く、安定性が高いため、大幅なコスト削減が可能であり、工業メーカーにとって魅力的な製品です。多くの利点を持つ量子ドットディスプレイは、次世代のディスプレイ技術として注目されています。量子ドットは、薄型テレビ画面、デジタルカメラ、スマートフォン、ゲーム機、PDA(パーソナル・デジタル・アシスタント)などの新世代のアプリケーションに組み込まれています。量子ドット発光体を用いたLEDは、次世代ディスプレイの開発で有望視されており、これにより、ディスプレイデバイスは量子ドット市場で大きなシェアを占めます。

アジア太平洋地域の量子ドット市場は、最高のCAGRで成長

ディスプレイメーカーが、先進技術を駆使して顧客の視聴体験を向上させ、運用コストの削減で収益性を高めていることが、量子ドット市場成長の大きな原動力となっています。アジア太平洋地域は、Samsung Electronics(韓国)、TCL Corporation(中国)、Sharp Corporation(日本)などの大手ディスプレイメーカーにより主導されています。ディスプレイメーカーの量子ドットに対する需要が高いことから、アジア太平洋地域での量子ドットの成長が拡大しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]