タイヤ交換市場、2025年までにCAGR1.8%で成長、市場規模は1,131億米ドルに到達見込み

タイヤ交換市場は、2019年の1,017億ドルから2025年には1.8%のCAGRで成長し、1,131億ドルの市場規模に達すると予測されています。交換用タイヤ市場を牽引する主な要因は、自動車の平均寿命の増加、年間運転マイル数の増加、メンテナンスと安全性への関心の高まり、タイヤの長寿命化につながる技術の進歩、その他の要因です。

OE & 交換用タイヤの世界市場

13″-15 “リムサイズのセグメントは、車種別で最大となる

このリムサイズは、GVWR(車両総重量)3.0トン以下の乗用車に使用されています。ハッチバックやコンパクトセダンに属する乗用車には、このリムサイズのタイヤが装着されています。例えば、現代アバンテ(Hyundai Avante)、フォルクスワーゲンポロ(Volkswagen Polo)、VWラピッド(VW Rapid)、現代アセント(Hyundai Accent)などのモデルには、13~15インチのリムサイズのタイヤが装着されています。これらの乗用車は、アジア諸国をはじめ世界各国で販売台数をリードしています。そのため、13″-15 “リムサイズのタイヤの需要が最も高くなります。例えば、中国で最も売れている乗用車は、現代アバンテ、日産ブルーバード、トヨタカローラ、フォードエスコート、VWサンタナなどで、これらの乗用車にも13インチ~15インチのリムサイズのタイヤが装着されています。そのため、走行するハッチバックやコンパクトセダンの数が増加しており、13”-15 “リムサイズのタイヤのアフターマーケットを牽引しています。

小型商用車(LCV)セグメントのタイヤ再生は最も急成長している市場

リトレッドタイヤは、新品の交換タイヤと比較して30~50%割安で同程度の走行距離が得られ、新品タイヤと同じ保証が付いています。小型商用車の単一タイヤの製造では、平均26リットルの油を消費するが、同じタイヤのリトレッド加工では9リットルの油しか消費しないため、新品の製造工程の34%近くを占めている。一方、リトレッドタイヤ協会によると、ピックアップトラックの場合、4本セットのタイヤを新品で購入すると、リトレッドタイヤの約2倍のコストがかかります。リトレッドタイヤ事業に参入している数少ない大手タイヤメーカー、例えば、グッドイヤー・タイヤ・アンド・ラバー・カンパニー(米国)は、商用トラック用のタイヤリトレッドとサービスセンターをグローバルに1,700以上展開しています。このように、コスト削減のため、LCVのタイヤリトレッド化が徐々に進んでいます。

タイヤ交換市場では、アスペクト比70以上のタイヤが最大の市場と推定される

偏平比70以上のタイヤは、大型トラックとバスのセグメントで最大の普及率を誇っています。大型トラックでは、アスペクト比の高いタイヤが荷物をより良く保護し、バスでは、これらのタイヤがより快適な乗り心地と道路の陥没からの保護を提供しています。世界中では、大型商用車の約80~90%がアスペクト比70以上のタイヤを装着しており、これらのタイヤの交換コストも他のアスペクト比のタイヤと比較して高くなっています。したがって、今後数年でトラックやバスの需要が拡大する中、アスペクト比70以上のタイヤの需要は大きなシェアを占めると予測されています。

アジア太平洋地域は、OE(Original Equipment)用タイヤ市場で最大と推定される

アジア太平洋地域は、BMW AG(ドイツ)やVolkswagen Group(ドイツ)などのメーカーがすでにこの地域に製造拠点を設置しているため、自動車生産のハブとして台頭してきました。生産コストの低さ、経済的労働力の利用可能性、排出規制や安全基準の甘さ、FDIのための政府の取り組みなどが、アジア太平洋地域への多額の投資を導きました。さらに、アジア・オセアニアは、ブリヂストン株式会社(日本)、Kumho Tire Co. (韓国)、東洋ゴム工業株式会社(日本)、横浜ゴム株式会社(日本)、住友ゴム工業株式会社(日本)、Hankook Tires(韓国)、その他のTier-1サプライヤーなど、重要なタイヤメーカーの中心地です。上記の要因がアジア太平洋地域のタイヤOE市場を牽引する傾向にあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]