電動トラクションモーター市場:2025年までCAGR20.9%で成長、市場規模は366億米ドル到達見込み

電動トラクションモーター市場は、2020年の142億米ドルから2025年には366億米ドルの規模に成長し、CAGR20.9%に達すると予測されています。高性能モーターの需要増、政府の有利な政策と補助金、鉄道部門への投資の増加が、電動トラクションモーター市場を牽引すると予想されます。

電動トラクションモーター市場

タイプ別では、ACセグメントが市場を後押し

本レポートでは、電動トラクションモーター市場を、タイプ別にACとDCに分類しています。そして、中でもACセグメントが最大市場になると予測しています。以前はDCモータは鉄道用途に好まれていましたが、現在では最新のパワーエレクトロニクスによりACモータの使用が増加しています。DCモータに比べてACモータは効率が良く、制御が容易だからです。

定格電力別では、200kW未満のセグメントが最大になると予想される

本レポートでは、電動トラクションモーター市場を定格電力に基づき、200kW未満、200~400kW、400kW以上に区分しています。定格電力別では、200kW未満のセグメントが、この市場で最大の規模を占めると予想されています。これは、主に電気自動車やライトレール輸送車両に200kW以下の定格電力のモータが広く使用されていることに起因しており、今後数年間でより速いペースで成長すると予想されます。

用途別では、鉄道セグメントが最大になると予想される

用途別には、鉄道分野は、電動トラクションモーター市場の中で最大を占めると予想されています。この市場は、鉄道車両には欠かせない存在です。鉄道産業において、速度制御能力と高い起動トルクへの依存が高まる事により、鉄道セグメントが今後数年間でこの市場を席巻することが予想されます。

アジア太平洋地域が最大の電動トラクションモーター市場になる

本レポートでは、電動トラクションモーター市場を北米、欧州、アジア太平洋、南米、中東・アフリカの5つの地域別に分析しています。アジア太平洋地域では、電気自動車への投資の増加、地下鉄網の拡大などの理由から、2020年には最大市場になると予測されています。また、この地域では二酸化炭素排出量削減の必要性からも、同市場は最も急速に成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]