炭酸エチレン市場、2025年までに4億3,900万米ドルに成長、CAGR も6.6%を記録する見込み

炭酸エチレン(エチレンカーボネート)の市場規模は、2020年には3億1,900万米ドル、2025年には4億3,900万米ドルに達し、CAGR6.6%で成長すると予測されます。炭酸エチレン市場の拡大は、主に自動車、医療、工業、パーソナルケアと衛生など、様々なエンドユース産業での需要に牽引されています。

炭酸エチレン市場

用途別では、潤滑油セグメントが最も大きく市場に貢献

用途別に見ると、潤滑油セグメントが最も高い市場シェアを占めています。このセグメントの成長は、工業、石油・ガス、自動車のエンドユース産業での使用が増加していることに起因しています。自動車産業では、潤滑油は冷却剤や洗浄剤として使用されています。上記の要因が潤滑油セグメントの需要を牽引すると予想されます。

エンドユース産業別では、自動車部門が最も大きく市場に貢献

エンドユース産業別に見ると、2020年には自動車セグメントが市場の最大のシェアを占めると予想されます。このセグメントの成長は、揮発性有機化合物(VOC)の排出量の削減や車両の耐久性のある表面コーティングなど、メーカーによるさまざまな要望に起因します。さらに、電気自動車の需要の高まりも、エチレンカーボネートの需要を牽引しています。

アジア太平洋地域が最大の市場規模を占めると予想

アジア太平洋地域では、石油・ガス、自動車、工業、医療など様々なエンドユース産業における使用が急増しており、炭酸エチレンの最大市場となっています。さらに、人口増加、可処分所得の増加、中国と台湾の経済成長などが、市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]