データセンターラック市場、2025年には59億米ドルに、CAGRも9.4%で成長すると予測

世界のデータセンターラック市場は、2020年の38億ドルから2025年には59億ドルに成長し、年平均成長率(CAGR)は9.4%になると予測しています。データセンターラック市場の成長を牽引する要因としては、コロケーション施設での設置の増加やサーバーの高密度化などが挙げられます。

耐久性のあるラックの採用なども、データセンターラックベンダーにとって十分な機会を生むと予想されます。

データセンターラックの世界市場

ラックの高さに基づくと、42U以下のセグメントが最大の市場規模を占める

42Uラックは、ほとんどのサーバーやネットワーク機器に対応した万能ラックです。他にも36Uラックなどの一般的なラックサイズは、10年前に大きく採用されました。しかし、36Uラックはもはや業界標準ではありません。標準的な42Uラックは、一般的なIT機器やネットワーク機器のほとんどと互換性があるため、広く好まれています。

サービス別に見ると、最大の市場規模を占めるのは設置部門

データセンターの設置は複雑なプロセスであり、熟練した技術サポートが必要です。インストールサービスプロバイダは、データセンターのラックエンクロージャの検査を支援します。設置サービスには、データセンターのラックの上にサーバー、電源、冷却、ケーブル配線などのインフラを設置し、安定した状態を維持して場所を移動しないように機器を設置することが含まれます。

データセンターの規模別に見ると、大規模データセンターのセグメントが市場規模を拡大する

20,000平方フィート以上のスペースを持つデータセンターは、大規模データセンターのセグメントに分類されます。これらのデータセンターでは、通常800以上のラックを保有しています。大規模データセンターやハイパースケール施設では、複数のサーバー間でワークロードのバランスを取る必要があります。さらに、最大の冷却効率を確保する必要があります。これらのデータセンターでは、冗長性を確保するために複数のインフラをホストする必要があります。そうしたニーズが、大規模データセンターのデータセンターラックの需要を牽引すると予想されています。

分野別に見ると、銀行、金融サービス、保険(BFSI)分野が最大の市場規模を占める

また、BFSIセクターでは新たな市場への開拓も進んでいます。そうした市場は取引を処理するための信頼性の高いインフラを必要としており、データセンターは膨大なトラフィックを処理しています。BFSIセグメントには、コアバンキング、投資、プライベート、カードなどの銀行サービス、決済ゲートウェイ、株式仲介、投資信託などの金融サービス、保険サービスなどが含まれています。BFSI セクターは、数千台の仮想マシンと物理サーバーを運用しています。このセクターでは、リソース割り当ての最適化、処理時間の短縮、データセンターの稼働率の維持など、様々な課題に対処する監視ツールもいくつか存在します。

地域別に見ると、北米が最大の市場規模を占める

このレポートは、5つの主要な地域をカバーしています。北米、アジア太平洋(APAC)、欧州、中東・アフリカ(MEA)、中南米です。北米は、同地域に多数のデータセンター施設が存在し、高度なインフラが利用可能であることから、最大の市場規模を占めると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]