世界のFPGA市場規模、2025年までに86億米ドルに成長、CAGRも7.6%を記録する見込み

世界のFPGA市場規模は、2020年の59億ドルから2025年には86億ドルに成長すると予測されており、2020年から2025年まではCAGR7.6%で成長すると予測されています。この市場の成長を後押しする主な要因としては、AIやIoTの世界的な採用の増加、ASICよりもFPGAの方がプログラミングが容易で市場投入までの時間が短いこと、ADASへのFPGAの組み込みなどが挙げられます。

FPGAの世界市場

2019年のFPGA市場では28nm未満のセグメントが最大のシェアを占めた

2019年、28nm未満のセグメントがFPGA業界の最大規模を占めました。このセグメントは、2020年から2025年まで最も高いCAGRで成長すると予測されています。28nm未満セグメントの成長は、低消費電力の28nm未満のノードサイズのFPGAが増加していることに加えて、リモートシステムのアップグレードやリプログラミングが容易になっていることによると考えられます。エッジコンピューティング、5G ネットワーキング、データセンター、AI などのハイエンドアプリケーションで 10nm ノード サイズの FPGA が採用されていることも、市場のこのセグメントの成長を強化しています。

FPGAメーカーは、28nm以下のノードサイズのFPGAの開発に力を入れています。例えば、サムスン電子(韓国)は2019年5月にEfinix, Inc. (米国)と提携し、10nmのシリコンプロセスを提供して量子eFPGAを開発しました。FPGAエコシステムで事業を展開する企業がこのような取り組みを行ったことにより、市場の28nm未満のセグメントは大きく成長すると予測されています。

データセンターおよびコンピューティングセグメントは、2020年から2025年までに最も高いCAGRで成長すると予測される

市場のデータセンターおよびコンピューティングセグメントは、2020年から2025年までに最高のCAGRで成長すると予測されています。このセグメントの成長に寄与する主な要因は、クラウドコンピューティングアプリケーションにおけるハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)の採用が増加していることです。 FPGAが提供するハードウェアおよびソフトウェアのアクセラレーション機能と再構成能力により、データセンターやコンピューティング分野に適した製品となっています。さらに、5Gをサポートするためのネットワークの継続的なアップグレードも、2020年から2025年にかけてFPGA市場の成長を後押しすると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]