スマートメーター市場:2025年までCAGR6.7%で成長、市場規模は286億米ドル到達見込み

世界のスマートメーター市場規模は、2020年の推定売上高207億ドルから2025年には286億ドルに成長し、CAGR6.7%で成長すると予測されています。この成長の背景には、住宅、商業、産業などのエンドユーズ分野におけるスマートメーター設置の政府の指令と支援政策があります。

スマートメーターの世界市場

電力セグメントはスマートメーター市場で最大のシェアを占めると予測

スマートメーター市場は、タイプ別に電力メーター、ガスメーター、水道メーターにセグメンテーションされています。2019年に電力セグメントが最大の市場シェアを占めましたが、これは北米、欧州、アジア太平洋地域などの地域における大胆な価格設定、そして成長するDERを電力システムへ統合する需要により牽引されています。このセグメントの今後の成長は、住宅、商業、産業部門などエンドユーザー全体の消費者に向け、消費データを高精度かつ正確に測定する需要が高まっていることによります。

携帯電話セグメントは、通信タイプ別で最も急速に成長する市場になる

スマートメーター市場の通信タイプのセグメントは、RF、PLC、セルラーに区分されています。セルラーは予測期間中に最も高い成長率を記録すると思われます。セルラー通信タイプの成長は、欧州や北米などの地域全体でスマートメーター運用のための通信インフラが利用可能になったことに起因します。さらに、セルラー通信を利用することで、スマートメータープロジェクトを実施する際の電力会社の運用コストを削減することができます。

エンドユーザー別に見ると、住宅用セグメントがスマートメーター業界で最も急速に成長

スマートメーター市場は、エンドユーザー別に、住宅用、商業用、産業用に区分されています。住宅部門は最も速い速度で成長すると予測されています。電力消費量の増加もまた、住宅用セグメントにおけるスマートメーターの成長率を押し上げています。

アジア太平洋地域が最大の市場になると予想

市場は地域別に、北米、南米、欧州、アジア太平洋、中東・アフリカに区分されています。このうち、アジア太平洋地域は中国を中心に世界最大のスマートメーター市場であり、予測期間中もその傾向は変わらないとされます。この地域の市場は、電力事業からの二酸化炭素排出量を削減し、太陽光や風力発電などのDERを効果的に統合して電力部門の運用を強化する傾向が強まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]