遠隔医療市場、2025年には556米億ドルに、CAGRも16.9%で成長すると予測

世界のテレヘルス市場は、2020年の254億ドルから2025年には556億ドルに達すると予測され、CAGRは16.9%となっています。テレヘルス市場の成長は、主に人口増加、医療アクセス拡大の必要性、慢性疾患の蔓延、医師不足、電気通信の進歩、政府の支援と意識向上などの要因によって牽引されています。しかし、規制や不正行為、ケア提供のためのソーシャルメディアの利用など、地域による差は市場成長に悪影響を与えるでしょう。

テレヘルス (遠隔医療) 世界市場

2019年のテレヘルス市場、構成要素別ではソフトウェア&サービス部門が最大のシェアを占める

コンポーネントに基づいて、テレヘルス市場はソフトウェア&サービスとハードウェアセグメントにセグメンテーションされています。2019年の世界のテレヘルス市場では、ソフトウェア&サービスセグメントが最大のシェアを占めています。このセグメントの大きなシェアは、世界中でテレヘルスソリューションの採用が増えていることに起因しています。

アプリケーション別に見ると、2019年の市場シェアは、Teleradiology(遠隔放射線科)セグメントが最大のシェア

アプリケーション別にみると、テレヘルス市場は、テレラジオロジー(遠隔放射線科)、テレICU(遠隔ICU)、テレストローグ(遠隔脳卒中治療)、テレコンサルテーション(遠隔医療相談)、テレサイキ(遠隔精神科)、テレダーマトロジー(遠隔皮膚科)、その他のアプリケーションにセグメンテーションされています。2019年の世界のテレヘルス・テレメディスン市場では、テレラジオロジー(遠隔放射線科)セグメントが最大のシェアを占めています。このセグメントの大きなシェアは、画像診断業務の増加、医療提供者によるテレラジオロジーのワークフロー採用の増加、テレラジオロジー業務の合理化・規制などの要因によるものと考えられます。

エンドユーザー別では、プロバイダーセグメントが最も成長する

世界のテレヘルス市場は、エンドユーザーにより、プロバイダー、支払者、患者、その他、に大別されます。2019年の世界のテレヘルス市場では、プロバイダーのセグメントが最大のシェアを占めました。このセグメントの大きなシェアは、慢性疾患患者や高齢者患者における遠隔モニタリングの採用が増えていること、テレヘルスモニタリング機器の進歩、プロバイダーが提供する遠隔専門サービスの増加などが要因となっています。

地域別では、2019年は北米がテレヘルス市場を席巻

2019年のテレヘルス市場では、北米が最大のシェアを占めました。世界のテレヘルス市場におけるこの地域の大きなシェアは、慢性疾患の有病率の上昇、医療費削減の必要性、全体人口と老年人口の増加などに起因していると考えられます。アジア太平洋地域の市場は、慢性疾患の蔓延と病院の過密化により、最も大きく成長すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]