人工採油法市場:2025年までCAGR5.0%で成長、市場規模は103億米ドル到達見込み

世界の人工採油法市場は、2020 年の推定 80 億ドルから 2025 年までに 103 億ドルに達すると予測されています。予測期間中の CAGR は 5.0%となるでしょう。成熟した分野からの生産を強化しようとする川上企業の努力が人工採油法市場を牽引しています。

人工採油法の世界市場

タイプ別では、ロッドリフトのセグメントが人工採油法市場に最も貢献すると予想される

ロッドリフト、ビームリフト、または吸盤ロッドリフトは、地上の動力源を利用してダウンホールポンプアセンブリを駆動する人工リフトシステムを指します。このユニットは、表層と地下の両方で使用される複数のコンポーネントで構成されています。装置のサイズに応じて、このリフト方法では、1,000 BPDまでのポンプを揚水することができます。ロッドリフトは、ダウンホール機器のサルベージ能力が高く、人工揚水時にガスや腐食を効率的に処理できます。このような利点から、今後の人工リフトの需要を押し上げることが期待されています。このように、人工リフト作業中にガスや腐食を防止するニーズの高まりが、ロッドリフトセグメントを牽引しています。

用途別で最も速い速度で成長すると予想されるのがオフショアセグメントである

海洋分野は、予測期間中に最も速く成長すると予想されています。 沖合の油井では、油圧ポンピング、ガスリフト、ESP、PCPなどの人工揚水方式が最も頻繁に使用されています。沖合には巨大な未開発埋蔵量があることから、企業は石油・ガス生産のために沖合を探索してきました。このように、オフショア市場は陸上に比べて資本集約的なセグメントとなっています。IEAによると、操業寿命を迎えたため、2019年から2040年の間に2,500~3,000件の海洋プロジェクトが廃止措置を受ける可能性が高いとされています。メキシコ湾と北海は、成熟した浅海油田の数が最も多く、そのため、この地域での成熟した浅海油田の存在が人工揚水の需要機会を生み出しています。

予測期間中は北米が最大の市場となると予想されている

北米、欧州、中南米、アジア太平洋、中東・アフリカは、人工採油法市場の調査の対象となる主要地域です。北米は、米国とカナダのシェール埋蔵量の再開発と非在来型資源の成長に牽引され、2020年から2025年まで最大の市場になると予測されています。さらに、成熟期にあるメキシコ湾の海洋油田や米国の陸上油田での人工揚水作業の需要が市場成長を牽引すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]