自動車用シールド市場規模は2025年までに247億米ドルに成長、CAGRも4.1%を記録する見込み

世界の自動車用シールド市場規模は、2020 年の 202 億米ドルから 2025 年には 247 億米ドルまで、年平均成長率 4.1%で成長すると予測されています。燃費基準への準拠とエレクトロニクスベースの運転快適性・安全性システムの採用が、自動車用シールド市場を牽引することになります。

予測期間中、乗用車セグメントが最大の自動車用シールド市場になると予想される

車種別では乗用車セグメントが最大の市場シェアを占めています。排出ガス規制の強化と相まって、低燃費車の需要が増加していることが、ヒートシールド市場における乗用車セグメントの成長を後押ししています。一方で、先進技術の進歩と車両内の電子部品の使用量の増加が、EMIシールドの需要を牽引しています。

パーソナルモビリティへの高い需要、一人当たりの所得の増加、ライフスタイルの改善などにより、乗用車の販売が拡大しています。乗用車は商用車に比べて世界的に生産・販売台数が増加していることから、この分野では先端技術が引き続き高い水準で採用されています。特にメーカーは、先進運転支援システムや先進インストルメントクラスターなどの先進装備を搭載した高級乗用車に注力しています。先進装備の増加に伴い、電子機器間の干渉を回避するためのEMIシールドの需要が高まっています。

予測期間中の自動車用シールド市場では、ヒートシールドが大きなシェアを占めることになる

ヒートシールドは、エンジンルーム、排気系、ターボチャージャーなど、自動車の様々な用途に使用されています。世界的な自動車生産台数の増加がヒートシールド分野の成長を牽引しています。自動車の電動化はヒートシールドセグメントにマイナスの影響を与える可能性がありますが、ヒートシールドの需要は商用車セグメントで成長を続けるでしょう。米国、中国、インド、ブラジル、日本、ドイツなどの国での商用車需要の増加がヒートシールドの成長に寄与しています。これらの車両は、エンジンや排気などの部品の温度が高く、これがヒートシールドの需要を牽引しています。

自動車用ヒートシールドの主要メーカーおよびサプライヤーには、Autoneum(スイス)、ElringKlinger(ドイツ)、Tenneco Inc. (米国)などがあります。これらのメーカーは、顧客の特定の要件に応じて、様々な用途の自動車用ヒートシールドを開発してきました。また、これらのメーカーは、パートナーシップ、合弁事業、高成長地域での新規設立などを通じて、地域でのプレゼンスを拡大してきました。包括的な製品ポートフォリオと地域での強力なプレゼンスにより、マーケットリーダーは世界の自動車用シールド市場での足場を強化してきました。

アジア太平洋地域の自動車用シールド市場は、予測期間中に最大のシェアを占めると予想される

この地域の自動車市場は中国や日本などのインテリジェントな交通システムとコネクティッドモビリティの急速な発展により牽引されてきました。これらの国々の政府は、都市部の汚染増加に対応するために積極的な対策を計画しています。例えば、5G自動車協会のメンバーであるSAIC Motor、China Mobile、Huawei、上海国際汽車城は、2020年以降の世界初の5Gベースのスマート交通実証プロジェクトに向けたロードマップを展開しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]