航空業界のMROソフトウェア市場は、2025年までCAGR2.9%で成長、市場規模は80億米ドル到達見込み

航空業界のMROソフトウェア市場は、2020年には69億米ドルと推定され、2020年から2025年までの年平均成長率(CAGR)2.9%で拡大し、2025年には80億米ドルに達すると予測されています。ターンアラウンドタイムの短縮に対する需要の高まりと、SaaS採用の増加は、今後数年間で市場を牽引すると予想される要因の一つです。

アビエーション向けMRO (整備・修理・オーバーホール) ソフトウェアの世界市場

クラウドセグメントは、予測期間中に高いCAGRで成長すると予想される

導入タイプ別に見ると、予測期間中にクラウドセグメントは高いCAGRで成長すると予測されています。クラウド型ソリューションは、Software-as-a-Serviceとも呼ばれます。クラウド型ソリューションではERPベンダーがデータを管理し、利用者はWebブラウザを介してサービスにアクセスします。最近では、企業のプライベートサーバ上でクラウドソフトウェアをホストするハイブリッドモデルが採用されています。

MROsセグメントは予測期間中に最高のCAGRで成長すると予想される

MRO業界では、主に航空MROソフトウェアを使用して、航空機エンジン、スペア、コンポーネント、システムのサービス、メンテナンス、アップグレード、レトロフィットなどの様々な航空MRO活動のための機能的効率性を向上させています。MROセグメントは、従業員の規模に基づいてさらに分類されています。従業員数は航空MROソフトウェアの導入を左右する重要な要素です。古いMROソフトウェアシステムを高度なデジタル化されたソフトウェアソリューションへ、さらにはITインフラを先端プログラムに置き換えることがMROセグメントを牽引すると予想されています。

アジア太平洋地域は2020年の航空業界のMROソフトウェア市場をリードすると予想される

航空業界のMROソフトウェア市場は、予測期間中、アジア太平洋地域で大幅な成長が見込まれています。旅客数の増加により、インド、中国、日本、シンガポールなどの国で整備技術者の需要が増加し、それによってMROソフトウェアの需要も増しています。また、HCL Technologies Limited(インド)やRamco Systems Limited(インド)など、様々な大手航空MROソフトウェアプロバイダーの存在により、この地域では市場の高い成長が見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]